「 母子及び父子並びに寡婦福祉法 」の成り立ち | 保育士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

「 母子及び父子並びに寡婦福祉法 」の成り立ち

「母子及び父子並びに寡婦福祉法」の目的は母子家庭及び父子家庭並びに寡婦に対し、その生活の安定と向上のために必要な措置を講じ、もつて母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の福祉を図ることとされています。その成り立ちは具体的にどんなものなのでしょうか。

「 母子及び寡婦福祉法 」の成立までの経緯

戦前、貧困母子対策及びその後の戦争未亡人対策を始めとして、1964 年に母子福祉法が成立したことから始まっています。

そして 1981 年に母子福祉法を改正し、母子寡婦福祉法が成立しました。

母子寡婦福祉法

2002 年に大きく改正され、2003 年4月以降「 児童扶養手当中心の経済支援 」から「 就業・自立に向けた総合的支援 」へと方向転換し、下記のような総合的な支援策を推進してきました。

  • 子育て・生活支援策
  • 就業支援策
  • 養育費の確保策
  • 経済的な支援策

『 経済的自立の助成と生活意欲の助長 』、また父母のない児童に対しては『 独立自活の促進を図ること 』を目的として提案された法律でもあります。

「母子及び父子並びに寡婦福祉法」

「 母子及び寡婦福祉法 」は、夫を失って独身になった女性は対象となりますが、妻を失って独身になった男性は対象ではありませんでした。

一人親家庭の親や寡婦に対し生活の安定と向上のために必要な措置をしていくべきだとなり、2014 年「 母子及び父子並びに寡婦福祉法 」になりました。

「 母子及び父子並びに寡婦福祉法 」において、「配偶者のない女子、男子 」とは、配偶者※1 と死別した男女であって、現に婚姻※2 をしていないもの及びこれに準ずる下記に掲げる男女をいうとされています。

※1・・・婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。
※2・・・婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。

  • 離婚し現に婚姻をしていないもの
  • 配偶者の生死が明らかでない
  • 配偶者から遺棄されている
  • 配偶者が海外にあるためその扶養を受けることができない
  • 配偶者が精神又は身体の障害により長期にわたつて労働能力を失つている
  • 前各号に掲げる者に準じ政令で定めるもの

男子・女子関係なくひとり親に対して、仕事と子育てを両立しながら経済的に自立するとともに子どもが心身ともに健やかに成長できるよう、また子どもの貧困対策にも資するよう、ひとり親家庭への支援施策を強化できるように考慮されました。

そのために下記のような見直しが行われました。

  • 支援体制の充実
  • 周知の強化
  • 父子家庭への支援の拡大
  • 児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直し

父子家庭への支援の拡大

  • 子育て・生活支援策 ➡ 名称を「 母子・父子自立支援員 」、「 母子・父子福祉団体 」等に改称
  • 就業支援策 ➡ 父子家庭への支援も法律に規定・父子家庭に関する新章を創設
  • 養育費の確保策 ➡ 父子家庭への支援が揃う
  • 経済的な支援策 ➡ 父子福祉資金の創設により貸付対象を父子家庭に拡大

母子・父子が利用できる福祉施設

「 都道府県、市町村、社会福祉法人その他の者は、母子家庭の母及び父子家庭の父並びに児童が、その心身の健康を保持し、生活の向上を図るために利用する母子・父子福祉施設を設置することができる 」( 法:第七章 母子・父子福祉施設 )

母子・父子福祉施設の種類は、下記の通りです。

  • 母子・父子福祉センター ・・・福祉のための便宜を総合的に供与することを目的とする施設
  • 母子・父子休養ホーム・・・レクリエーションや休養のためを目的とする施設

「母子及び父子並びに寡婦福祉法」

母子・父子家庭等の児童の親

児童が心身ともに健やかに育成されるよう、養育に必要な費用の負担その他扶養義務を履行するように努めなければならないとされています。


国及び地方公共団体

母子・父子家庭等の児童が心身ともに健やかに育成されるよう、その児童を監護しない親の児童についての扶養義務の履行を確保するために、広報その他適切な措置を講ずるように努めなければなりません。

保育士として、ひとり親の家庭が法に基づき保護されるということを理解し、母子・父子家庭に対して助言支援していくことも必要とされます。

この授業に関連した授業
保育士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。