保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

教育基本法について

教育に携わる人間ならば知っておかなければいけない教育基本法。これは知っておかなければいけないのは、教員だけではありません。人を育てる事に関係する職業の人、例えば幼稚園教諭や保育士にも関係してきます。今回は教育基本法について説明をしていきます。

教育基本法とは?

そもそも教育基本法とは何なのでしょうか。

教育の基本と、振興の為に憲法に則って作られた法律です。

1947年に旧教育基本法が制定されましたが、時代と共に変化していく社会に対応する為、2006年に改正した後交付されました。

元々は義務教育や社会教育などが定められ子ども達に施されてきましたが、家庭の多様化・時代と共に変化する子ども達に合わせて改正され、項目が追加されました。

次の項では新しく加わった物をまとめましたので、確認していきましょう。

新しく加わった項目

などが追加されています。

『 年齢に関係なく、人生を豊かにする為にも学習を行う機会を設けるべきだ 』と言う生涯学習から始まり、『 日本を背負う存在である子ども達の通う私立大学へ補助を行う 』という項目、『 保護者が子ども達の健やかな成長を見守ると共に、心と身体調和の取れた状態になる様に環境を整えること 』などが記されています。

この中でも保育に関連して来るのが、幼児期の教育についてです。

教育基本法に記されている通り、

幼児期の教育は、人格形成に大きな影響を与える年齢だと言われています。

それだけではなく、現在よく言われている『気になる子』、つまり発達障害を持った子ども達も早期に発見すれば発見するだけ症状の対応・改善が望めます。

具体的にどんな配慮を行うの?

幼児期の人格形成において特に影響を出すと言われているのが、自立心、協調心と言われています。

親から与えられる愛情、親との信頼関係、過ごしやすい環境にいたかどうかが決め手となります。

親から愛情を受けられない事で、

などの弊害が起きてしまいます。


教育基本法ではそういった子ども達が出ないためにも、

保育士や幼稚教諭、教員に対して、 子ども達と親の関係性にも配慮するように

と言っているのです。

保育士だから関係ないということではなく、教育に携わる人間ならば一度は目を通しておくべき法律だと思います。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。