保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

学校教育法 第23条について

学校教育法の中でも、23条は幼稚園教育について触れています。この法律は保育士として知っておき、そういった環境整備を行わなければいけないという気構えを作っておく為には非常に重要なものです。

要約するとどんな事が書いてある?

文章がなかなか理解できない、言いたい意味が伝わらないという人もいるでしょう。

今回は書いてある項目を、順番に簡単に言い換えてみました。

これが23条に書かれている事の要約です。

23条は保育の現場でどう活きるの?

ではこの23条が、なぜ保育士に関係するのか?を説明していきます。

子ども達の人格形成が終わる年齢は、3歳までだと言われています。

最近では長時間労働の保護者が増え、子ども達を保育所に一日の大半預ける保護者が増えています。

その為、子ども達は3歳児までの大半の時間を預けられている場所で過ごす事となります。

つまり、

その時間に携わる保育士も、人格形成に大きな影響を持っているという事になるのです。

ただ子どもを預かるだけではなく、学校教育法23条に則った教育・保育を子ども達へと施すのも保育士の重要な役割なのです。

保護者への働きかけも忘れずに

学校教育法第23条では、保護者の役割についても言及しています。

家庭では保護者が主体となって子ども達の養育を行います。

しかし、保護者には上記の様な過酷な労働環境に加えて、子ども達の将来への不安などもあります。

なかなか養育が上手く行かないと保育士に焦りをぶつけて来たり、相談を持ち掛けてくる事も考えられます。

保育士は、保護者の家庭での不安などを聞き、その不安を受け入れた上でアドバイスがある場合は提案を行って、保護者が養育しやすい環境作りのお手伝いをします。

保育士はあくまでサポートの役割

学校教育法第23条に書かれている内容を守り、保護者もそれに則れる様にサポートをするのが保育士の務めです。

まずは自分達が内容をしっかりと把握し、その項に沿った理想の保育・教育が出来る様に心がけましょう。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。