過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

子どものけんか

保育園での集団生活の中で、「けんか」は日常的に起きます。ドラマの中の保育では、「仲良く遊びましょう」と言って終わってしまいますが、「けんか」は子どもの学びに大きく役立ちます。

「けんか」って?

一言で「けんか」と言っても、年齢によって、その子によって内容は様々です。

自分の思うようにならなかった、友達が自分の気持ちを分かってくれない、友達に嫌なことをされたなど始まりの理由はいろいろとあります。

一方的に怒っているだけでも、お互いに怒っている状況でも、「けんか」には必ず学びがあります。

自分の思いを表す

けんかをするときには、態度や言葉で「自分の思い」を出しています。これが、子どもにとっては大きな学びです。

まずは、とにかく「思いを出す」、「思いを表す」ことが大切です。

そして、そこで保育者が思いを受け止めながら、思いの出し方を促していきます。例えば、物を投げることで思いを出しているのであれば、言葉で表していけるようにします。

繰り返していくうち、子どもたちは徐々に思いの出し方も学んでいきます。

相手のことを知る

けんかには、どんな形でも相手がいます。けんかをすることで、相手の反応を知ることができます。

例えば、大好きな友達とごっこ遊びの役の取り合いでけんかになります。そして、その日はもう喋ることもできない状態になります。大好きな友達と喋ることができない自分も辛いですが、相手も同じように辛い表情をしていることに気づきます。

ごっこ遊びの役についても、相手も自分と同じように思いがあって言っていたのだということが分かります。

保育者は、まだ上手く伝え合えない年齢、間柄の時には間に入って思いが伝え合えるようにします。

自分たちで解決できるようになってきたら、見守ったりアドバイスをしたりして様子を見ます。

けんかを通して・・・

子どもたちは、自分の思いの表し方や相手の思いについて学ぶことができるのです。これは、大人になっても同じかもしれませんね。

保育者は、子どもたちが「けんか」を通してどんな学びをしていっているのかを把握し、次につなげていきます。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。