保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保護命令について

子どもにとって家庭や家族は生きていくうえで1番大きな影響を及ぼすものといっても過言ではありません。しかし、本来なら成長発達を支えるはずの家庭・家族が、最近ではドメスティック・バイオレンス(DV)や児童虐待などその機能を果たすことができないという現状もあります。子どもを取り巻く問題の一つであるDV、その対応策としての保護命令について説明します。

そもそも「 保護命令 」とは?

保護命令とは、裁判所から加害者に対して

被害を受けている人に近寄らないよう命じる決定のことをいいます。

このときの加害者とは、配偶者や一緒に生活をする交際相手が対象となります。

暴力を受けたことがあったり、生命・身体に対して害を与えるというような脅迫を受けた場合、被害者は保護命令を申し立てることができるのです。

保護命令の5つの命令

保護命令についてさらに詳しくみていくと、具体的に5つの命令があります。

つきまといを禁止する命令で、被害者の住居や勤務先をうろつくことを禁じます。

二人が一緒に住んでいる場合、被害者が引っ越しをするまでの期間( 2ヶ月間 )、加害者は自宅から立ち退き、さらにその近くをはいかいすることを禁じます。

被害者と同居している子どもへ近づくことを6ヶ月間禁止する命令で、住んでいる所や学校の近くをうろつくことも禁じます。

被害者の実家や親族、それから職場の上司など、被害者の身近な人につきまとったり、その近くをうろついたりすることを禁止する命令です。

6ヶ月間会うことを要求したり、深夜の電話やFAX、無言電話等を禁止します。

そして、この保護命令に加害者が違反をすると、

1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。

わたしにできること

警察や配偶者暴力相談支援センターへ相談に行くよう、周りの人がサポートしてあげることが大切です。

DVの被害を受けた人は、暴力の恐怖や家庭内の問題という意識もあって、なかなか悩んでいることを打ち明けることができません。

子どもにかかわるということは、子どもが健全に育つためのその家族を支援することも大切な働きの一つです。

保護命令という制度があることや申し立ての方法を知り、『早めに』そして『適切に』サポートできることを願っています。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。