保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

雨の日も体を動かして遊ぶ!

子どもたちは、体を動かして遊ぶのが大好きです!静かにするべきときでも、動かし足りていないと、動きたくなります。それは、外で遊べない雨の日ももちろん同じです。小さな子どもは、心拍数が多いので、動かないではいられないと言われています。そんな子どもたちが、雨の日にも楽しめるように保育者は考えます。

雨の日は・・・

外に出られないというだけでなく、空の色がさえなかったり、湿気が多くなったりして、園内の雰囲気はどんよりとします。

子どもたちが「雨の日ってこういう日」と体全体で感じることが大切です。

床が滑りやすくなる場合があるので、子どもたちに伝え、気をつけます。

体を動かして遊ぶ

子どもたちの生活は、「動」と「静」の両方がバランスよくある必要があります。

雨の日は、晴れている日の運動量より減りますが、何とか体を動かせる時間や空間は確保したいです。

それには

保育者が工夫をして環境を整えることが大切です

p199918714745469371650.jpg

日頃から、室内で思いきり体を動かして遊べる園は問題ないかもしれませんが、そのような場所がない園も多いと思います。


雨の日に子どもたちが体を動かして遊ぶためには・・・・

のような必要があります。

子どもたちの遊びは

保育者の工夫次第で、たくさん楽しめます。

日頃から、「雨が降ったらどうやって楽しもうかな」と考えておくといいですね。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。