保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保護者との連携について

保育士は子どもが好きというだけではできない仕事です。その1つとして、保護者との関わりがあります。様々な環境の保護者がいる中で、一人ひとりと丁寧に関わることが重要です。

保育園での保護者との関わり

保育園に通う保護者は、基本的にお勤めをしている方となります。
そのため、子どもの送迎の時は時間に追われていることが多いです。

そんな中でも、預けた子どもの様子を知りたいと思っていますし、子育ての悩みを相談したいと思っていたり、保育士とお話しをしたいと思うことが多くあります。

保護者が保育士に求めること

保護者は、預けた子どものことを大切にして欲しいと思っています。
当たり前の事を言っていますが、その当たり前のことが、忙しさのあまり抜けてしまったりするのです。

些細なことでも、気づけることが保護者にとっては有り難いことだと思います。
それは保護者との会話の広がりにもなります。

忙しい中でも一言でも、今日の子どもの様子を保護者に伝えてあげてください。
そこから保護者との信頼関係ができてきます。

p185277614901054961683.jpg

保育園でいつもと違うと感じた時に、何があったのかと気になると思います。

まずは身近に園内で何かあったのかを探ることができます。
しかし、原因は家で何かあったからということも多々あります。

その時に、保護者にご家庭での様子を聞けるかどうかが重要となります。

普段、保護者と接していないのに、急にご家庭のことを聞いてしまうと、心に土足で踏み込まれたような気持ちになり、話してくれるどころか嫌悪感を持たれてしまうこともあります。

子どもに何かあった時にでは遅いのです。

日頃から保護者の方と連携をし、子どもの様子を一緒に観察し見守り情報交換をすることで、子どもに何かあった時に、解決法が見つけやすくなります。

両者が信頼しあっていることで、子どもも、保育園や保育士に信頼感を持ち、安心して居られる場所になります。

家では保護者が、保育園では保育士がと分けて子どもを見守るのではなく、保護者と保育士が一緒に子どもを見守ることが、本当に子どもを大切にしていると言えます。

p152677614901053731837.jpg
保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。