保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

「児童」とは

「児童」という言葉を聞けば、「子どものこと」と誰もが認識すると思います。では、何歳の子どもが「児童」なのでしょうか。「児童」の定義は法律によって異なるということをまずは理解しておきましょう。

児童福祉法による「児童」の定義

児童福祉法では、「児童」は、

満18歳に満たない者

と定義されています。
さらに細かく区分すると以下のようになります。

p192887214906733601236.jpg

学校教育法による「児童」の定義

学校教育法の「児童」の定義は、呼称も少し異なります。

p61287214906733611275.jpg

学齢児童とは・・・ 満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、
          満12歳に達した日の属する学年の終わりまでの者
学齢生徒とは・・・ 小学校又は特別支援学校の小学部の課程を終了した日の翌日後における
          最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまでの者

その他の「児童」の定義

児童虐待の防止等に関する法律

18歳未満の者

児童扶養手当法

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者
又は20歳未満で政令で定める程度の障害の状態にある者

母子及び父子並びに寡婦福祉法

20歳に満たない者

労働基準法

年少者・・・ 18歳未満の者
児童 ・・・ 15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまでの者

p7578721490673361802.jpg

まとめ

以上がすべてではありませんが、児童の定義は法律によってずいぶん異なります。
保育士として、児童福祉法の「児童」の定義だけを理解していてもダメだという点を認識し、
状況に応じて判断ができるように、覚えておいたり、ノートなどにまとめたりしておくと良いでしょう。

また、「児童」という言葉が使われてはいないものの、
各種法令で、「児童」の区分となる年齢もしっかり把握しておく必要があります。

参考までに以下にいくつかまとめます。

「未満」と「満」という表現に対する理解も必要です。
その年齢が含まれるのか含まれないのかという点は、大きな違いとなります。

「児童」の定義を統一して欲しいところでもありますが、
現状ではそれぞれ異なるということを忘れないようにしましょう。

p698721490673361442.jpg
保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。