保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保護者との信頼関係を築くには

新年度になるとどんな園児と保護者と出会えるか緊張と期待と不安でドキドキします。それは保護者も園児も同じです。保護者との信頼関係と言っても難しく考えてしまうと、お互い心のバリアが溶けません。ひとりの園児を保護者と保育士が協力して育て上げる協力者として意識ができると心の負担も軽くなります。それではどうやって信頼関係を築いていけば良いのか考えていきましょう。

「 はじめまして 」の第一印象を大事にしましょう

私たち保育士は入園式の日、出し物や、1日のスケジュール、伴奏などなど・・・頭にはいろんなことがよぎりますよね。

でも落ち着いて、「 はじめまして 」の挨拶を大事にしましょう。

保護者にはもちろん、園児にも必ず目線を合わせましょう。

子どもに挨拶するときは膝立ちがいいです。

子どもも安心しますし保護者にも丁寧な印象を与えます。

もちろん笑顔ではっきりと
「ご入園(ご進級)おめでとうございます。〇〇ぐみの担任の〇〇です。よろしくお願いします」

にこっと笑ってくる人もいれば、人見知りや視線恐怖症、また刺激に敏感な人など相手は様々です。

出会ってみなければわかりません。

引いてしまう人もいるでしょう。泣き出す子どももいます。
ほとんどの人が緊張していて笑顔は見ることはできないと予測しておいたほうが良いです。

こちらの不安は見せず最後まで笑顔を貫き通しましょう。

第一印象はとても大事です。不安そうな担任に大事な子どもは任せられません。

保育士という役を演じるつもりで常に笑顔でいることを心掛けましょう。

p6178931491216784192.jpg

子どもの様子を伝えてみましょう

どんな保護者も子どもの様子は気にしています。

忙しい新学期、泣いている園児、給食は食べてくれないお昼寝もしてくれない。
そんな中、連絡帳まで書けない‼
髪の毛もボサボサで、お化粧だって取れてしまって…。

保育士は大多数の子どもを相手にしていますが、最初は保護者が気にしているのは我が子だけなんです。

初めての集団生活だったり、新しい環境だったりで保護者も不安なんです。

「今日、絵本見ていましたよ。」
「砂場で遊ぶことが好きなんですね。」
「ブロックで車を作っていましたよ。」

たった一言でいいんです。
どんな姿でも大丈夫ですが、不安なのにさらに不安にするようなことは最初は避けたほうが良いです。

こんな当たり前の一言が、保護者からすると
「先生は忙しいのに家の子の姿を見てくれていたんだ」
と安心します。

余裕ができるようになれば、どんどん声をかけることができますよね。

余裕がない時ほど、心がけて声掛けを大切にしてみてください。

p16868931492611873380.jpg

子どもを育てる協力者として

保護者と何気ない会話ができるようになったら、一歩踏み込んでみましょう。

焦らず、1年かけて子どもの成長を一緒に見守り考える仲間だと思って、相談してみるんです。

どんな子も気になる姿ってありますよね。

1か月もすると、子どもたちも新しい環境に慣れ、保護者も少し柔らかい表情になってくる時期です。

例えば 給食中に椅子に座れない子がいますよね?

「 給食中、座っていないんですが、どうやって家で食べさせてるんですか?」

なんて言ったら、保護者の気持ちは厚い扉で閉められてしまいます。

子どもが座って食べないのは、保育士の工夫や努力が足りないと考えましょう。

「給食中、最後まで食べずに遊びに行ってしまうんです。私の声のかけ方が悪いのかな?それとも量が多いのかな?おうちではどうですか?教えてください。」

と聞くと、保護者も一緒に考えてくれそのうち悩みも出てきます。

園での姿はだいたい家でも同じような姿です。

こちらから悩みとして打ち明けることで、お家の人も打ち解けてくれるでしょう。

一緒に悩み、考え、解決し、成長へとつながった時、保護者との信頼関係は確実に築き上げることができています。

どんな時も必ず褒めることを忘れないようにしましょう

子どもの姿を直接伝えたいときってたくさんあると思いまが、直接伝える前に、その子の一日を振り返ってみてください。

どんな子も、必ず認めて良い姿があると思います。

保護者に子どもの困った姿を伝えるときには、褒めることを忘れないようしましょう。

p179689314926118741344.jpg

保護者との信頼関係を築くにはまずは子どもとの信頼関係を築くことが大切です。

その子の姿の見取りを大切にし、一緒にたくさん遊んで、その子の姿を認めていくことが保護者との信頼関係を築く近道になるでしょう。

保育士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。