過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)「医療用語及び医学・薬学の基礎知識」の過去問/予想問題を出題

問題

次の中から、誤っているものを選びなさい。
   1 .
病床には、一般、療養、精神、感染症、結核病床があり、急性期の患者は主に療養病床を使用する。
   2 .
標準治療とは、科学的根拠に基づき、かつ現在利用できる最良の治療であり、該当する状態の一般的な患者に対して推奨される治療のことをいう。
   3 .
神経学的検査とは、意識状態、言語、脳神経、運動系、感覚系、反射等の神経に関わっているとみられる総合的な所見を問診、触診や各種検査により検査することをいう。
   4 .
在宅医療とは、病院ではなく、自宅などで病気の療養をすることで、外来診察を続けながら治療を続けている場合も含む。
   5 .
レセプト(診療報酬明細書)とは、患者が受けた保険診療について、医療機関が保険者に請求する医療報酬の明細書のことである。
( 医療事務の過去問/予想問題 医療用語及び医学・薬学の基礎知識 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は1です。

1

病床には、一般病床、療養病床、精神病床、感染症病床、結核病床があり、療養病床は、長期療養を目的としており、入院期間の制限などがありません。

2

選択肢文の通り。

標準治療とは、臨床試験をもとに専門家の間で最善であると合意が得られている治療法のことをいいます。

3

選択肢文の通り。

神経学的検査は、意識状態、言語、脳神経、運動系、感覚系、反射等の神経に関わっているとみられる総合的な所見を神経学的検査チャートを用いて記載します。

検査の記載は、「別紙様式19」に準じて行います。

記載方法は、「神経学的検査チャート作成の手引き」に記載されています。

4

選択肢文の通り。

5

選択肢文の通り。

毎月10日までに、前診療月のレセプトを支払基金、国保連合会に提出します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。