過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)の過去問/予想問題を「全問」ランダムに出題

問題

次の中から、適切なものを選びなさい。
   1 .
新オレンジプランとは認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指し制定されたものである。
   2 .
障害高齢者の日常生活自立度とは一般的に寝たきり度のことで、A~Cまであり自立できている場合はCである。
   3 .
リハビリテーションに関して、診療報酬上20分が1単位であるため、高齢者に対しても1回に行う時間を多くする方が効率的である。
   4 .
フレイルとは、全年齢層で発生する心神耗弱状態で、心身医学療法を要することである。
   5 .
要介護・要支援認定の新規申請の場合、認定有効期間は原則1年間である。
( 医療事務の過去問/予想問題 介護保険制度の概要 問23 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は1です。

1. 新オレンジプランは厚生労働省が制定したもので、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指しています。

2. 障害高齢者の日常生活自立度はJ、A~Cがあり、自立できている場合はJです。

3. 高齢者のリハビリテーションは1回の量を少なくして複数回に分けて行うほうが好ましいとされています。

4. フレイルとは、高齢者が年齢を重ねるとこで心と体の働きが弱くなり虚弱な状態になることを指します。

5. 要介護・要支援認定の新規申請の場合、認定有効期間は原則6ヶ月です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。