過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)「保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識」の過去問/予想問題をランダムに出題

問題

次の中から、誤っているものを選びなさい。
   1 .
保険薬剤師とは健康保険の調剤に従事する薬剤師であり、所轄の地方厚生局に申請し登録を得たものをいう。
   2 .
調剤済みの処方箋は調剤済となった日から3年間保管しなければならない。
   3 .
医師でないものは、医師と混同されるようなまぎらわしい名称を用いてはならない。
   4 .
保健師は病気やケガの患者の指導を行う際には、主治医の指示を受けなければならない。
   5 .
管理栄養士と栄養士の免許は同一であり、各都道府県知事の免許を受けて栄養指導に従事する者をいう。
( 医療事務の過去問/予想問題 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識 問6 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は5です。

1.健康保険の調剤に従事する薬剤師を保険薬剤師といい、所轄の地方厚生局より登録を受けます。

2.調剤済みの処方箋の保管義務は3年間です。

3.医師法により医師でないものは、医師と混同されるような名称を用いることを禁止されています。

4.保健師は病気やケガの患者の指導を行う際には、主治医の指示を要します。

5.栄養士は各都道府県知事が発行する免許により、主に健康な人へ向けた栄養指導を行います。 一方管理栄養士は厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。