過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

医療事務技能審査試験(医科)「医療関係法規の基礎知識」の過去問/予想問題をランダムに出題

問題

次の中から、誤っているものを選びなさい。
   1 .
処方箋の総数が著しく少ない場合を除き、薬局開設者は毎年前年の取扱処方箋の総数を所在地の都道府県知事に届け出なければならない。
   2 .
労働者災害補償保険の管掌は各都道府県の知事である。
   3 .
労災に関して、事業主が虚偽の報告又は証明をして保険給付を受けた場合、事業主は保険給付を受けた者と連帯して徴収金を納付しなければならない。
   4 .
医薬品医療機器総合機構はPMDAと略される。
   5 .
救急救命処置とは、病院又は診療所に搬送されるまでの間に重度傷病者に対して行われる気道の確保、心拍の回復その他の処置のことである。
( 医療事務の過去問/予想問題 2021年10月公開問題 医療関係法規の基礎知識 問20 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は2です。

1.処方箋の総数が著しく少ない場合を除き、薬局開設者は毎年前年の取扱処方箋の総数を所在地の都道府県知事に届け出る義務があります。

2.労働者災害補償保険の管掌は政府で、具体的な事務手続きは労働基準局長の指揮監督のもとに所在地の都道府県労働局長、労働基準監督署長が行います。

3.労災に関して、事業主が虚偽の報告又は証明をして保険給付を受けた場合、本人および事業主ともに徴収金を納付義務が生じます。

4.医薬品医療機器総合機構は独立行政法人でPMDA (Pharmaceuticals and Medical Devices Agency)と略されます。

5.救急救命処置とは、病院又は診療所に搬送されるまでの間に重度傷病者に対して行われる気道の確保、心拍の回復等のことを指します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
この医療事務技能審査試験(医科) 過去問 | 予想問題のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。