市町村における社会福祉 | 介護福祉士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

市町村における社会福祉

市町村における社会福祉計画には様々な種類があり、社会福祉法の第107条、第108条に規定され、市町村にその策定が求められています。私たちの身の周りではどのような福祉活動がおこなわれているのでしょうか。詳しくみていきましょう。

市町村地域福祉計画の理念

私たちが住んでいる町にも、福祉に関する施策がたくさんありますよね。

児童福祉・障がい者福祉・老人福祉など、種類も様々です。

一見、対象者を別々にして区切っているように感じられますが、

地域福祉には共通の理念があり、

  • 行政、事業者、住民などの役割、共働
  • 福祉サービス利用者の権利
  • 福祉サービスの充実、開発
  • 住民参加

などが挙げられます。

市町村社会福祉協議会の役割

私たちの町にも社会福祉協議会があると思います。

高齢者や障がい者へのホームヘルプサービスや配食サービスをはじめ、様々なサービスをおこなったり、地域のボランティアと連携して、子育て中の親が気軽に集まることのできるサロンを開いたりしています。

地域の福祉活動の拠点として、大切な役割を担っているといえますね。

市町村介護保険事業所計画とは

介護保険法第117条に定められている、「 3年を1期とする介護保険事業の円滑な実施に対する計画 」のことを指します。

  • 住民が日常生活をおこなっている地域の地理的条件
  • 人口や交通事情などの社会的条件
  • 施設の整備状況などの見込み

などを、地域の要介護者数や介護サービスの利用などのニーズに合わせて、計画を作成し実施していきます。

この授業に関連した授業
介護福祉士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。