介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

日本の社会保障制度の歴史

日本の社会保障制度は、私たちの生活に欠かせない保障となっています。社会保障の歴史はどのように構築されてきたのでしょうか。詳しくみていきましょう。

社会保障制度は戦後から広まった

社会保障制度は、戦後間もない昭和21年に日本国憲法に用いられたことを機に、一般的に広まったと言われています。

日本の社会保障制度の体系を示すものとして、昭和25年に社会保障制度審議会が提出した「 社会保障制度に関する勧告 」があります。

この勧告の中で、社会保障制度は

「 疾病、負傷、分娩、廃疾、死亡、老齢、失業、多子その他困窮の原因に対し、保険的方法又は直接公の負担において経済保障の途を講じ、生活困窮に陥った者に対しては、国家扶助によって最低限度の生活を保障するとともに、公衆衛生及び社会福祉の向上を図り、もってすべての国民が文化的社会の成員たるに値する生活を営むことができるようにするもの 」

と定義されています。

経済成長に伴う社会保障の改訂

戦後から現在にかけて、日本は目まぐるしい発展を遂げてきました。

特に昭和時代においては苦しい時期を乗り越え、人々の努力により経済を成長させてきました。

戦後からの社会保障制度の変遷を見ていきましょう。

社会保障の体系

社会保障には様々な種類があります。

ここでは狭義の社会保障の種類と、広義の種類をみていきましょう。

狭義の社会保障の種類


広義の社会保障の種類

介護福祉士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。