介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

任意後見制度について

「成年後見制度」には「法定後見」と「任意後見」があります。ここでは「任意後見制度」について見ていきましょう。

判断能力が低下する前に契約するのが任意後見制度です。

任意後見制度とは、将来認知症や病気になって判断ができなくなったときに備えて、
判断能力のある元気なうちに後見人及び後見業務の内容を決めておく制度です。
本人の意思内容で契約しますので、最も本人の意思が尊重される制度になっています。

任意後見契約

これらの本人が信頼できる人と任意後見契約を締結します。
任意後見契約は公証人役場で公正証明を作成します。

実際に後見業務が開始されるのは・・・

本人が認知症の症状を感じたり、判断能力が衰えてきたと感じてからになります。
判断能力に不安を感じたら家庭裁判所に申し立て、
任意後見監督人が選任されてから後見業務の開始となります。
そして本人の死亡をもって後見人の職務は終了です。

介護福祉士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。