介護の現場で役立つレアな資格いろいろ | 介護福祉士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

介護の現場で役立つレアな資格いろいろ

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)や介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)などの資格はご存知の方も多いと思いますが、それ以外に多くの介護に関わる資格が存在します。今回はあまりメジャーではない、しかし保有していると便利な資格を紹介していきます。

介護施設に不可欠な「介護事務」

介護施設では驚くほどに事務作業が多くあります。
もちろん専門的な知識も必要となり、国や地方自治体に介護保険料を請求したり、ケアマネージャーのサポート、各事業所の介護保険上必要となる書類作成などの事務作業があります。
この資格を取得することで、これらに関する知識全般を身につけることができます。

現場で役立つ「レクリエーション介護士」

介護を利用して頂く方々に楽しんで頂くため、事業所ではいろいろなレクリエーションを提供していますが、専門的な知識を持っている方はとても少ないです。

レクリエーションは楽しむだけでなく、リハビリや認知症予防も考えて提供することが大切です。

専門的な知識を手にいれ、利用者に喜ばれるレクリエーションを提供していきましょう。
あまりメジャーな資格ではないため、持っていると重宝されるかも?!

福祉用具に詳しくなろう 「福祉用具専門相談員」

福祉用具のレンタルや販売を行う会社に勤めるときに必要なこの資格。
しかしそれだけでなく介護の現場では福祉用具を利用されている方が多く、
例えば、

  • 車椅子
  • ベッド
  • 歩行器
  • ポータブルトイレ など

介助を行うときに少なからず知識が必要で、また日々の点検など安全に使用していただくためにも、介護職員がいち早く不備に気づき、その方にあった福祉用具を提案できると利用者の方に喜ばれるでしょう。

「ガイドヘルパー」を取得して、利用者と一緒に外出♪

障害がある人に付き添い、安全に外出していただくことを目的とした資格です。
障害には、

  • 視覚障害
  • 全身障害
  • 知的障害
  • 精神障害 

などがあります。
一人で外出することが困難な方にとって、専門知識を持った職員と一緒に外出することは、とても安心でき、よい気分転換となります。
利用者の笑顔のお手伝いをしてみませんか?

高齢者の元気をお手伝い 「介護予防運動指導員」

高齢化社会の現在、介護予防が注目されています。
要支援・要介護状態にならないよう、専門知識を元に必要な運動を行っていただき、健康で元気な生活が長く送れるようお手伝いをしていきましょう。

この授業に関連した授業
介護福祉士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。