介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

適応機制について

人間には誰にでも様々な「欲求」があります。この欲求を満たすことで、人は快感を得たり、ストレスを発散したりしています。しかし思うように欲求が満たされない状態が続くと、精神的ストレスを抱えてしまいます。今回は私たちが無意識に欲求不満の解消をおこなっている適応機制について説明していきます。

適応機制とは?

適応機制は防衛機制とも呼ばれ、欲求を満たされない自分自身を防衛するという意味も含まれています。

欲求を満たせない状態の自分自身がストレスによって崩壊してしまわないように、「安全装置」の役割を担っています。

私たちが日常生活している中で、「適応機制が働いている」と自覚することは難しいでしょう。
まずは自分自身のどのような行動が「適応機制」となるのかを知る必要があります。

まずは典型的な適応機制となる種類をみていきましょう。

適応機制の種類

物や相手に対して感情的になり、暴力をふるうなどの行為( 家庭内暴力、パワハラなど )

問題から身を遠ざけたり、現実から目を逸らす行為( 妄想、空想など )

自分の非を認めずに言い訳などをする、自分を正当化する行為。( 失敗したのは自分のせいではなく、運が悪かっただけ・・・など )  

達成できない目標の代わりに、簡単な別の目標を達成して満足しようとする行為。( 受験で第一志望に落ちたけど、滑り止めの学校に合格できたから満足・・・など )

自分の不安や葛藤を他人も同じように考えていると思い込む行為。( 自分が相手を嫌っているにもかかわらず、相手が自分を嫌っているに違いないと思い込む・・・など )


他にも、退行、拒否、隔離、抑圧など、様々な機制の種類があります。

あなたもどこかで似たような経験があったり、心あたりがあるかもしれません。

p3159501492783448836.jpg

適応機制と上手に向き合うために

適応機制の特徴を理解していても自分では自覚することは難しいですが、他人の適応機制を発見する手がかりにはなるかもしれません。

適応機制を少しでも知っておけば、他人の言動や行動にも今までとは違った目線で対応できるようになります。

それはあなた自身を守る行為でもあり、相手に手を差し伸べてあげることもできるでしょう。

根本的な問題解決は難しいかもしれませんが、状況を改善するきっかけを作ることができるかもしれません。

介護現場での適応機制への対応

介護現場では利用者さんの性格はひとりひとり違い、十人十色です。

介助時には常に穏やかではなく、攻撃的な時もあることでしょう。

その時に、適応機制を知っておけば、今までの対応とは違った対応ができるかもしれません。

適応機制には様々な症状が考えられますので、介護側もむやみに感情的にならずに対応できる方法が見つかることでしょう。

p172695014927834481226.jpg
介護福祉士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。