上肢リンパ浮腫について | 介護福祉士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

上肢リンパ浮腫について

浮腫は「むくみ」として主に女性の方に多い症状と言われています。足の筋肉が少ないと起きやすいとされており、それは年齢に比例せずに起きるとされています。今回は浮腫についての原因と、上肢リンパ浮腫について説明していきたいと思います。

浮腫はなぜ起きる?

よく「 立ち仕事だから足がむくんで困る 」という話を聞きます。
足だけではなく、むくみは全身に起きると言われています。

むくみが起きる原因は、血管内の水分が漏れて、組織液が増えてバランスが崩れてしまった状態になることです。

浮腫は「 全身性 」と「 局所性 」に分かれており、

  • 全身性の場合

心臓や腎臓、肝臓などの箇所に原因があるとされています。

  • 局所性の場合

静脈、リンパ還流の障害の疑いがあると言われており、上肢リンパ浮腫は局所性の浮腫と位置づけられます。

リンパ浮腫の特徴

リンパ浮腫には「 一時性 」と「 二次性 」が主に多くみられています。

それぞれの特徴をみていきましょう。

  • 一時性 

生まれつきリンパ節などに障害があり、発症するケース

  • 二次性 

乳がん、子宮がん、前立線がんなどの手術後にリンパ節を切除、または破壊して発症するケース

高齢者でリンパ浮腫を発症しているケースは、ほとんどが二次性です。

約9割の方が二次性だと言われています。

介護現場での浮腫への対策

術後にリンパ浮腫の症状を発症している利用者さんが多くいることを理解してあげてください。

実際の介護現場では、緩めた靴下を履いていただく時もあれば、下肢に長いソックスを履いていただく時もあると思います。

上肢リンパ浮腫の場合は、発症すると完治することは難しいと言われており、日常生活の対策が重要となります。

いくつかの注意点を挙げておきます。

  • 身体を締め付けない
  • 皮膚を傷つけないように気をつける
  • 入浴は長時間をさけ、血流をよくしすぎない
  • 体重管理に気をつける

浮腫は、日により状態も変わりますので、介護士の日々の観察や報告は大切な情報源とされています。

浮腫への理解を深めながら、よりよいケアを提供していきたいものですね。

この授業に関連した授業
介護福祉士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。