介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

「介護福祉士」の合格には何が必要か?

皆さんは願書も出し終わり、実務者研修も受けつつ、試験勉強に取り組んでいるかと思います。1月の筆記試験まであとわずか。残り時間は出来れば有効に使いたい!と思う事でしょう。仕事もしつつ、受験勉強というのは大変です。ここでは何をを勉強すれば合格に近づけるのか?実体験を通して紹介していきたいと思います。

試験は軽く構える。でも勉強はきちんとやること。

「介護福祉士」試験は大学や高校の試験とは違い、合格者数が決まっているわけではないので、一定レベル正解した場合(8割。最低でも7割正解は欲しいです。)誰でも合格することが出来る試験です。

「試験だ!どうしよう」

と思う気持ちはわかります。

試験なんて何年ぶり?という受験生の方も多いことでしょう。
しかしここは国家資格。
よほどの天才でないかぎり、勉強しないで合格は難しいと思われます。

7割答えがあっていれば合格なんだという意気込みで臨みましょう。

テキストと日々の実務に絡めて考える

試験範囲の広さに圧倒されたことでしょう。

しかしこれは、最低限この出題範囲くらいは「介護福祉士」としては知っておいてねというものです。
きっと法律を除けば「こんなこと知らない!」といったものはないかと思います。

どのテーマのテキストを読んでも「あ!これってこういうことなんだ」という再確認ではないのでしょうか?
そうなんです。

実際の試験でも、突拍子もない問題は出ません。

国が、将来の高齢化社会を託す「介護福祉士」の免許を与える資格試験なので、重箱の隅をつつくような問題はでません。
そのため、まずはテキストを読みつつ(一読はしましょう)、あとは日々の実務に絡めて考えることで実務中にも試験対策が出来ると構えましょう。

とにかく過去問を解く

過去問をとにかく解いてください。

介護福祉士の試験ってこういう感じの問題がでるのねっていうのを体に染みつけて下さい。
言い回しが違ったりするかもしれませんが、似た感じの問題が毎年出ているはずです。(例えば認知の方への接し方とか。これは絶対毎年出題されています。)

介護福祉士の試験ほど世相が反映する試験は他に類をみないでしょう。

第28回の試験では、今までノーマークだった糸賀一雄さんの詩「この子らを世の光に」に関する問題が出題されて受験生のほとんどが「なんだ?」と思ったと思います。

しかし、良く読み試験作成者の意図を汲めば、この詩を知らなくても正解を導けたことでしょう。
去年、障害者施設で職員による虐待の問題が世間を騒がせたことがこの問題の出題に繋がったのだと推測されます。

例えどれだけ介護の知識があっても、

介護福祉士としてどうあるべきか

そこを問うような試験問題に出題傾向が変わってきているように思えます。
最低限の知識があり、さて、ではこの人の場合はどうしてあげるのがベストですか?
といった応用問題が多く出題されていました。

そのような問題が過去問には多く出題されています。たくさん過去問を解き、引き出しを増やして下さい。

情報に惑わされない事

きっと受験生の中には一緒に受ける同僚や友達がいるかと思います。

同僚や友達の間では、有益な情報もあればそうでない情報があるのも確かです。
受験会場でも「あの、模試受けた?」みたいな会話は実際聞きました。
でもその方いわく、第28回の試験は模試や講座で受けた予想問題が全然出なかったそうです。

私はそういった対策講座を受けず、通勤途中や自宅で過去問をたくさん解きました。
出来ないものまで手を出さない。

情報に流されないようにして下さい。

新聞・ニュースもチェックすること

「え?新聞・ニュース?」と思われたかと思いますが、これが意外に大事です。

やはり国は、介護オタクを育成することが目的ではないので一般常識も大事です。
試験問題に世相が反映されると書いたように、毎日ではなくても良いのでニュースをチェックしてください。
きっとその情報は試験だけでなく、介護者との会話でも生かされることと思います。

「あ、この子はこういうことも知っているんだ」と、きっとあなたの仕事にもプラスになることでしょう。

「介護福祉士」の試験勉強は机に座ってするだけでなく、日常生活すべてが試験勉強になります。
問題集を買わなくても、無料のアプリやネットでも勉強は出来ます。

皆さんも残りわずかの時間を有効に使い、来年合格することを期待しています。

介護福祉士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。