糖尿病について | 介護福祉士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

糖尿病について

現代は食べ物が豊かで生活も便利になりました。個人によって食生活やライフスタイルはさまざまですが、生活習慣病という病名はよく耳にするようになりました。ここでは生活習慣病のひとつである糖尿病について話をしていきます。

糖尿病を理解する

健康な人はインスリンなどの働きにより、血糖値はある程度の範囲内におさまっています。

また、通常は炭水化物を摂取すると血糖値が高くなりますが、運動などをするとエネルギーとして血糖が消費されるので血糖値が低くなります。

血糖は、血液中を流れているブドウ糖のことです。

インスリンは、すい臓で分泌されるホルモンのことで、役割としては血糖を体内組織へ取り込み、また血糖を下げる働きをします。

つまり、糖尿病とは、

インスリン量が不足する。

インスリンが細胞に作用しなくなる。
そうすることで慢性的に血糖値が高くなり、力が足りなくなる病気のことです。

糖尿病の原因と症状

原因については、大きく1型糖尿病と2型糖尿病の2種類に分けられます。

  • 「1型糖尿病」
  • 「2型糖尿病」


「1型糖尿病」は、膵臓でインスリンが作られなくなり糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられます。

「2型糖尿病」は、インスリン量の不足やインスリンが十分に作用しないなどで、血糖値が高くなり糖尿病となります。中高年に多いですが、最近は若い世代の発症も増えています。食事や運動などが関係する場合が多く、生活習慣病ともいわれます。

なお、妊娠時に現れたりするものでは、妊娠糖尿病があります。
場合により、新生児にも合併症が出ます。その他にも、遺伝子の異常や薬の影響などで糖尿病になる場合もあります。

軽度の場合、自覚症状がありませんが、重症になってくると以下のような症状が現れます。

  • 糖が尿として出てくるので、尿の量が多くなります。
  • 喉が渇いて飲水が増えます。
  • 体重が減少します。
  • 疲れやすくなります。


重症化していくと合併症を患うことがあり、これが一番の問題となっています。

代表的な合併症は以下となります。

  • 失明の危険がある「糖尿病網膜症」
  • 腎不全や尿毒症、腎不全から人工透析が必要になる「糖尿病腎症」
  • 足の潰瘍や壊疽になる可能性がある「糖尿病神経障害」

糖尿病の治療

糖尿病の治療には以下のようなものがあります。

  • 「食事療法」
  • 「運動療法」
  • 「薬物療法」


「食事療法」は、
カロリーや炭水化物などを制限し、栄養バランスを摂り、食べ過ぎないようにします。

「運動療法」は、
症状に合わせつつ、散歩などの有酸素運動や筋肉トレーニングを取り入れます。

「薬物療法」は、
主にインスリン注射があります。

生活習慣病のひとつでもある糖尿病は、栄養バランスの摂れた食事、適度な運動、規則正しい生活習慣などの継続が大切です。
また、定期的な健康診断が予防の第一歩となります。

この授業に関連した授業
介護福祉士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。