運行管理者試験(貨物)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者が行わなければならない業務について

運行管理者の業務については「貨物自動車運送事業輸送安全規則」の第二章第三節第二十条に細かく規定されています。運行管理者の業務は、いわば貨物自動車運送事業者に法令が課した業務を肩代わりするようなもの。多くの業務がありますので、しっかり覚えましょう。

貨物自動車運送事業輸送安全規則で定められている運行管理者の業務

運行管理者の業務については「 貨物自動車運送事業輸送安全規則 」の第二章第三節第二十条(運 行管理者の業務 )に、一から十七までの業務が記されています。

運行管理者は、貨物自動車運送事業者から運行管理者の業務を行うための権限を与えられています。
そのため、実際は貨物自動車運送事業者に課された義務や業務を実行しているんですね。

例えば、

二  第三条第三項の規定により、乗務員が休憩又は睡眠のために利用することができる施設を適切に管理すること。

第三条第三項( 安全規則 )は、過労運転防止のため「 事業者 」に休憩・睡眠に必要な施設の整備や、管理、保守義務を課しているのです。

しかし、本当にそれらの整備・管理・保守義務が課されているのは運行管理者。
事業者に課されていることを運行管理者が代わりに行っているのです。

三  第三条第四項の規定により定められた勤務時間及び乗務時間の範囲内において乗務割を作成し、これに従い運転者を事業用自動車に乗務させること。

第三条第四項( 安全規則 )は、事業者が過労運転防止のため運転者の勤務時間及び乗務時間を定めることとされていますが、実際にその業務を行うのは運行管理者なんですね。

他にも、

六  第四条の規定により、従業員に対する指導及び監督を行うこと。

事業者は、過積載防止のために運転者その他の従業員に対する適切な指導及び監督を怠ってはならないと定められていますが、実際の指導や監督は運行管理者が行います。

このように、安全にかかわることは運行管理者が管理しているのです。

基本的に記録の保存は一年間

運行管理者の業務の中に「 記録 」という単語が何度か出てきたと思います。
八・九・十・十二の四つが記録の保存に当てはまります。

となります。
記録の保存は保存することが定められているだけでなく、保存の期間まで定められています。

八~十の記録の保存は、1年間

十二の事故記録の保存だけは、3年間

となっています。事故は、危険度が高いからでしょう。

また、

運行指示書の保存も1年間の保存だと定められています。

あわせて覚えましょう。

更に、

運転者台帳の保存期間は、運転者の退職後3年間と定められています。

重要な記録や重要な書類は三年、そうでなければ一年が保存期間なんですね。

特別積合せ貨物運送を行う場合の運行管理者の業務

「 貨物自動車運送事業輸送安全規則 」では、

特別積合せ貨物運送を行う一般貨物自動車運送事業の運行管理者は、前項に定めるもののほか、第三条第八項の規定により、乗務に関する基準を作成し、かつ、当該基準の遵守について乗務員に対する指導及び監督を行わなければならない。

と定められています。

過労運転防止のための基準を作成して、それが遵守されているか、乗務員に対して指導・監督を行わなければなりません。

事業者への助言

「 貨物自動車運送事業輸送安全規則 」では、

運行管理者は、一般貨物自動車運送事業者等に対し、事業用自動車の運行の安全の確保に関し必要な事項について助言を行うことができる。

と定められています。

事業者の業務を行うだけでなく、助言もできるんです。

しかし、「 できる 」という文末であるから、「 しなければならない 」わけではりません。

運行管理規定

「 貨物自動車運送事業輸送安全規則 」では、の第二十一条には、運行管理規程が定められています。

第二十一条  一般貨物自動車運送事業者等は、運行管理者の職務及び権限、統括運行管理者を選任しなければならない営業所にあってはその職務及び権限並びに事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務の処理基準に関する規程( 以下「 運行管理規程 」という。)を定めなければならない。
2  前項の運行管理規程に定める運行管理者の権限は、少なくとも前条に規定する業務を処理するに足りるものでなければならない。

なお、運行管理規定は制定すれば、届出の必要はありません。

あくまで制定までが定められているところに注目してください。

それでは、以上で「 運行管理者が行わなければならない業務について 」を終わります。

運行管理者(貨物) 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。