運行管理者試験(貨物)の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

事業用自動車の運転者に対する点呼について

貨物自動車運送事業者が運転手に対して行う点呼については「決まり」があります。原則は対面点呼、やむを得ない場合は例外規定があります。

乗務開始前点呼

貨物自動車運送事業者が運転者に対して行う点呼には、決まりがあります。
どんな点呼でもよいというわけではないのです。

「貨物自動車運送事業輸送安全規則」第二条第一節第七条(点呼等)で、
乗務開始前点呼について以下のように定められています。

---------------------------------
第七条
貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を開始しようとする運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法。次項において同じ。)により点呼を行い、次に掲げる事項について報告を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。

ただし、輸送の安全の確保に関する取組が優良であると認められる営業所において、貨物自動車運送事業者が点呼を行う場合にあっては、当該貨物自動車運送事業者は、対面による点呼と同等の効果を有するものとして国土交通大臣が定めた機器による点呼を行うことができる。

一  酒気帯びの有無
二  疾病、疲労その他の理由により安全な運転をすることができないおそれの有無
三  道路運送車両法 (昭和二十六年法律第百八十五号)第四十七条の二第一項 及び第二項 の規定による点検の実施又はその確認
---------------------------------

つまり、「安全に運転手が運転できる状態かどうかの確認をせよ」ということです。

三についてはわかりづらいですが、「日常点検整備の実施や確認について」です。

原則は「対面による点呼」だということをしっかり頭に入れておいてくださいね。

乗務開始後点呼

乗務開始後も、事業者は点呼をする必要があります。

「貨物自動車運送事業輸送安全規則」第二条第一節第七条(点呼等)では、以下のように定められています。

---------------------------------
2  貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の乗務を終了した運転者に対し、対面(運行上やむを得ない場合は電話その他の方法)により点呼を行い、当該乗務に係る事業用自動車、道路及び運行の状況並びに他の運転者と交替した場合にあっては第十七条第四号の規定による通告について報告を求め、及び酒気帯びの有無について確認を行わなければならない。

ただし、輸送の安全の確保に関する取組が優良であると認められる営業所において、貨物自動車運送事業者が点呼を行う場合にあっては、当該貨物自動車運送事業者は、対面による点呼と同等の効果を有するものとして国土交通大臣が定めた機器による点呼を行うことができる。
---------------------------------

「第十七条第四号の規定による通告」とは、交代運転者に対する事業用自動車、道路、運行状況に関する通告のことです。
こちらも、原則は対面での点呼となっています。

「運行上やむを得ない場合」とは?

それでは、「運行上やむを得ない場合」とはどういう状況を指すのでしょうか。

それは、

遠隔地で乗務が開始・終了するため、運転者が所属する営業所において対面で点呼が行えない場合のこと

を指します。

その他の方法には、携帯電話・乗務無線等が含まれます。
あくまでも、運転者と直接対話することが条件であり、メールやFAXなどの一方的な連絡方法は認められていません。

中間点呼

乗務開始前点呼も乗務終了後点呼も、どちらも対面で行えない場合には、次の中間点呼を行うことが定められています。

---------------------------------
3  貨物自動車運送事業者は、前二項に規定する点呼のいずれも対面(輸送の安全の確保に関する取組が優良であると認められる営業所において、貨物自動車運送事業者が点呼を行う場合にあっては、国土交通大臣が定めた機器による方法を含む。)で行うことができない乗務を行う運転者に対し、当該点呼のほかに、当該乗務の途中において少なくとも一回電話その他の方法により点呼を行い、第一項第一号及び第二号に掲げる事項について報告を求め、及び確認を行い、並びに事業用自動車の運行の安全を確保するために必要な指示をしなければならない。
---------------------------------

こちらも、電話その他の方法をとることができますが、乗務途中で一回以上行う必要があります。
ここで報告することは、

の二つです。
安全な運転ができない状態に運転手が陥ってないか?が確認ポイントです。
つまり、中間点呼の際には「日常点検整備に関する事項の報告」は必要ないのです。

以上で、「事業用自動車の運転者に対する点呼について」を終わります。

運行管理者(貨物) 過去問

訂正依頼・報告はこちら
人気の授業
この授業に関連した情報

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。