過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者(貨物)「平成28年度 第2回」の過去問を出題

問題

貨物自動車運送事業に関する次の記述のうち、正しいものを2つ選びなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記されている事項以外は考慮しないものとする。
   1 .
一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業の許可の取消しを受けた者は、その取消しの日から2年を経過しなければ、新たに一般貨物自動車運送事業又は特定貨物自動車運送事業の許可を受けることができない。
   2 .
一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)は、運送約款を定め、又はこれを変更しようとするときは、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。
   3 .
事業者は、運行管理者に対し、国土交通省令で定める業務を行うため必要な権限を与えなければならない。また、事業者及び事業用自動車の運転者その他の従業員は、運行管理者がその業務として行う助言又は指導があった場合は、これを尊重しなければならない。
   4 .
事業者は、法令の規定により運行管理者を選任したときは、遅滞なく、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。これを解任したときも、同様とする。
※ 貨物自動車運送事業法の改定(令和元年11月施行)により、欠格期間が2年から5年に変更されました。
この設問は平成28年に出題された設問になります。
参考資料1
参考資料2
( 平成28年度 第2回 運行管理者試験(貨物) 貨物自動車運送事業法関係 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正しいものは 1. 4. です。

1.正しいです。
 問題文通りです。2年覚えておきましょう。
2.誤りです。
 国土交通大臣に届け出ではなく、運送約款を定 
 め、これを変更するときは、国土交通大臣の認可
 を受けなければなりません。
3.誤りです。
 問題文をよく読む必要があります。
 事業者は、運行管理者がその業務として行う
 助言を尊重しなければならず、事業用自動車の
 運転者その他の従業員は、運行管理者がその業務
 として行う指導に従わなければなりません。
 助言と指導の範囲を事業者へなのかなど整理して
 おきましょう。
4.正しいです。
 問題文通りです。遅延なくです。
 
4.正しいです。 
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この運行管理者(貨物) 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。