過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者(貨物)「平成30年度 第1回」の過去問を出題

問題

一般貨物自動車運送事業者(以下「事業者」という。)の事業計画の変更に関する次の記述のうち、誤っているものを1つ選び、解答用紙の該当する欄にマークしなさい。なお、解答にあたっては、各選択肢に記載されている事項以外は考慮しないものとする。
   1 .
事業者は、「自動車車庫の位置及び収容能力」の事業計画の変更をしようとするときは、国土交通大臣の認可を受けなければならない。
   2 .
事業者は、「各営業所に配置する事業用自動車の種別ごとの数」の事業計画の変更をするときは、あらかじめその旨を、国土交通大臣に届け出なければならない。
   3 .
事業者は、「主たる事務所の名称及び位置」の事業計画の変更をしたときは、遅滞なくその旨を、国土交通大臣に届け出なければならない。
   4 .
事業者は、「事業用自動車の運転者及び運転の補助に従事する従業員の休憩又は睡眠のための施設の位置及び収容能力」の事業計画の変更をするときは、あらかじめその旨を、国土交通大臣に届け出なければならない。
( 平成30年度 第1回 運行管理者試験(貨物) 貨物自動車運送事業法関係 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
30
評価しない
答えは4
1(正解)
事業者は「自動車車庫の位置及び収容能力」の事業計画の変更をしようとするときには国土交通大臣の認可を受ける必要があります。

2(正解)
事業者は「各営業所に配置する事業用自動車の種別ごとの数」の事業計画を変更する際には予めその件を国土交通大臣に届け出る必要があります。

3(正解)
事業者は「主たる事務所の名称及び位置」の事業計画を変更したときには遅延なく、その旨を国土交通大臣に届け出が必要となります。

4(誤り)
 ×国土交通大臣に届け出なければならない
 〇国土交通大臣の認可を受ける
事業者は「事業用自動車の運転者及び運転の補助に従事する従業員の休憩又は睡眠の為の施設の位置及び収容能力」の事業計画の変更をしようとするときには国土交通大臣の認可を受ける必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この運行管理者(貨物) 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。