過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者(貨物)「平成26年度 第2回」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 45問 正解) 全問正解まであと45問
運行管理者は複数の荷主からの運送依頼を受けて、下のとおり4日にわたる2人乗務による運行計画を立てた。この2人乗務を必要とした根拠についての次の1~3の下線部の運行管理者の判断について、正しいものをすべて選びなさい。
問題文の画像
 1 . 
1人乗務とした場合、1日についての最大拘束時間が「 自動車運転者の労働時間等の改善のための基準 」( 以下「改善基準」という。)の限度を超えると判断して、当該運行には交替運転者を配置した。
 2 . 
1人乗務とした場合、連続運転時間が改善基準の限度を超えると判断して、当該運行には交替運転者を配置した。
 3 . 
1人乗務とした場合、2日目を起算日として特定した場合の2日を平均して1日当たりの運転時間が改善基準の限度を超えると判断して、当該運行には交替運転者を配置した。
( 平成26年度 第2回 運行管理者試験(貨物) 実務上の知識及び能力 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
4
評価しない
1誤
改善基準の限度を超える日はありません。
一日の最大拘束時間は16時間までです。

2誤
改善基準の限度を超える日はありません。
連続運転時間は4時間まで可能です。
運転の中断とは休憩だけを指さない事も併せて覚えておきましょう。

3正
二日間を平均して運転時間が9時間を超えてはいけません。
計算方法は、
「特定日」+「特定日の翌日」÷2
「特定日の前日」+「特定日」÷2
上記二つの「どちらも」9時間を超えた場合、改善基準を超えた事になります。
2日目を特定日にした場合、前日との平均、翌日との平均がともに9時間を超えますので、改善基準を超えています。
評価後のアイコン
2016/12/12 11:16
ID : frnggdnahg
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」参照

1日についての拘束時間は、13時間を超えないものとし、当該拘束時間を延長する場合であっても、最大拘束時間は、16時間とすること。この場合において、1日についての拘束時間が15時間を超える回数は、1週間について2回以内とすること。

連続運転時間(1回が連続10分以上で、かつ、合計が30分以上の運転の中断をすることなく連続して運転する時間をいう。)は、4時間を超えないものとすること。

運転時間は、2日(始業時刻から起算して48時間をいう。)を平均し1日当たり9時間、2週間を平均し1週間当たり44時間を超えないものとすること。

(設問の解説)
設問1:誤り。
1人乗務とした場合、1日についての最大拘束時間が「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(以下「改善基準」という。)の限度を超えている日はありません。
 1日目 15時間
 2日目 16時間
 3日目 14.5時間
 4日目 14時間

設問2:
1人乗務とした場合、連続運転時間が改善基準の限度を超えている日はありません。

設問3:正しい。
1人乗務とした場合、2日目を起算日として特定した場合の2日を平均して1日当たりの運転時間が改善基準の限度を超えている。当該運行に交替運転者を配置したことは適切な対応である。
 1日目~2日目 (10時間+10時間)÷2=10時間
 2日目~3日目 (10時間+9時間)÷2=9.5時間
評価後のアイコン
2017/01/27 08:54
ID : fojapatjec
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この運行管理者(貨物) 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。