過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者(貨物)「平成28年度 第1回」の過去問をランダムに出題

問題

運行管理者が、次の大型トラックの事故報告に基づき、この事故の要因分析を行ったうえで、同種事故の再発を防止するための対策として、最も直接的に有効と考えられる組合せを、下の枠内の選択肢(1~8)から1つ選びなさい。なお、解答にあたっては、<事故の概要>及び<事故関連情報>に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

<事故の概要>
当該運転者は、事故当日は普段より遅れて出社し、運行管理者の補助者による乗務前点呼を受けた後、積み置きしてあった最大積載量14トンの大型トラックに1名で乗務し、8時に営業所を出発した。1時間一般道路を走行した後高速道路に入り、2時間走行した後20分の休憩をとった。さらに3時間走行し15分の休憩をとり、続けて1時間30分程度走行したところで(運行開始より約550キロメートル走行した地点)、緩やかな右カーブにおいて、前方で起きた事故のために徐行していた自動車に追突した。

<事故関連情報>
○当該運転者は、事故前日休日で就寝時間が遅かった。
○当日の運行は、荷主直接からの運送依頼による定期運行の経路であり、事故日前々日に営業所隣の車庫で積み荷作業を済ませていた。
○当該営業所では、運行管理者と運行管理者の補助者による交代制で点呼を実施しており、当該運行については、補助者が乗務前点呼を実施した。
○当該運転者は、事故日の1ヵ月前に、拘束時間、連続運転時間について、改善基準を超えた運行を行っていた。他の運転者においても同様の違反があった。
○事業者は、毎月1回の安全衛生委員会を開催して運転者の指導を行っている。また、当該運転者に対しては、速度超過があるので個別の指導も実施していた。
○当該運転者は、直近の適性診断の結果では、動作の正確さ、判断・動作のタイミングも良く、また、働き方や生活習慣も非常に良い状態であった。しかし、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いを指摘されていた。
○当該運転者は、適性診断ではSASの疑いを指摘されていたが、健康診断においては特に指摘がなかったため、スクリーニング検査は受けていなかった。
○当該車両は、法令で定められた日常点検及び定期点検整備を実施していた。また、当該車両には衝突被害軽減ブレーキが装着されていた。

<事故の再発防止対策>
ア  定期健康診断において所見が認められなかった運転者に対して、SAS等に係る外見上の前兆や自覚症状がないかを確認する。また、自覚症状等がない運転者に対しても、主要疾病等に関するスクリーニング検査を実施し、着実かつ早期の発見に努める。
イ  点呼において、運転者に対し、最近、連続運転時間及び速度超過の違反が多いことを再認識させ、休憩場所や休憩時間等について指示どおり運行することを徹底する。
ウ  常に点呼が確実に実施できるよう、体制の整備を図る。
エ  たとえいつも慣れた運行経路であっても、漫然運転に陥らないよう、運転中は常に運転に集中し、前方に注意して走行するよう指導する。また、危険を予測し、これを回避できる運転操作を徹底させる。
オ  関係法令及び「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の違反防止を図るため、運転者に対して適切な運行指示を徹底する。
カ  貨物自動車運送事業は、公共的な輸送事業であり、貨物を安全かつ確実に輸送することが社会的使命であることを運転者に深く認識させる。
キ  衝突被害軽減ブレーキ装着車であっても、必ず衝突をさけるものではない。運転者及び運行管理者は、これらの安全技術が装着されている車両においても、その技術を過信しすぎないことの理解を深めることが必要である。
ク  法令で定めた日常点検及び定期点検整備を確実に実施する。
問題文の画像
   1 .
ア・イ・ウ・キ
   2 .
ア・イ・オ・ク
   3 .
ア・ウ・エ・カ
   4 .
ア・エ・キ・ク
   5 .
イ・エ・オ・キ
   6 .
イ・オ・カ・ク
   7 .
ウ・エ・カ・ク
   8 .
ウ・オ・カ・キ
( 平成28年度 第1回 運行管理者試験(貨物) 実務上の知識及び能力 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
6
評価しない
正解は 5. になります。

問題文を読むと最も直接的に有効と考えられる組合わせとあり、悩む部分ありますが、違うものを消去して考えていく方が早いかと思います。
事故関連情報との照らし合わせてみましょう。
ア. 直接的防止策ではありません。
 運転者は睡眠時無呼吸症候群の疑いを指摘され
 ていたが、スクリーニング検査を受けていませんでした。
 今回の問題文では、こちらも治療などを行う必要があるが、
 事故の直接的要因、直接的防止策とは、なりにくいです。
イ. 直接的防止策です。
 事故当日の運行状況をみると、
 車庫出発後 運転1時間+運転2時間後
 休憩20分 その後3時間運転 休憩不足による
 4時間以上の運転時間となっています。20分の
 休憩のところが30分以上の休憩または、作業な
 どでの運転中断がなければなりません。過重労働や
 休憩不足の防止のためには、違反運行の改善は、
 事故防止には直接的に有効です。
ウ. 直接的防止策ではありません。
 点呼については、乗務前に適正に実施しています。
 点呼の未実施や実施の状況の不備に起因する事故
 ではありません。
エ. 直接的防止策です。 
 問題文通りに定例の運行経路であっても、
 漫然運転とならないような継続的な教育、指導は
 必要です。
オ. 直接的防止策です。
 今回の運行は連続運転時間の違反があり、乗務
 員の休憩不足となっています。こちらを改善する
 ことは過重労働を防ぎ、事故防止につながります。
カ. 直接的防止策ではありません。 
 問題文は、全般の教育としては必要な事項で
 あるが、直接的防止策でありません。抽象的とな
 っています。
キ. 直接的防止策です。
 衝突被害軽減ブレーキ装着車であってもその
 効果、装備を過信しすぎることの教育は必要
 です。
ク. 直接的防止策ではありません。
 今回の事故は、日常点検の実施の不備に起因
 するものではありません。
よって、直接的防止策は、イ.エ.オ.キ となります。
番号選択肢は、 5. となる。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この運行管理者(貨物) 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。