過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

運行管理者(貨物)「平成29年度 第1回」の過去問をランダムに出題

問題

荷主から貨物自動車運送事業者に対し、B地点で荷積みをし、C地点に11時半頃を目標に到達させるよう運送の依頼があった。これを受けて、運行管理者として運転者に対し当該の運送の指示をするため、次に示す「 当日の運行計画を策定するための前提条件 」に基づき運行計画を立てた。

この運行に関して次の問いに解答しなさい。なお、解答にあたっては、「 当日の運行計画を策定するための前提条件 」に記載されている事項以外は考慮しないものとする。

「 当日の運行計画を策定するための前提条件 」
〇 A営業所を6時に出庫し、30キロメートル離れたB地点まで平均時速30キロメートルで走行する。
〇 B地点において20分間の荷積みを行う。
〇 B地点から160キロメートル離れたC地点までの間、一部高速自動車国道を利用し、平均時速40キロメートルで走行して、C地点に11時20分に到着する。
〇 C地点において20分間の荷下ろし後、1時間の休憩をとる。休憩後、A営業所に帰庫するため、C地点を12時40分に出発し、一般道路を利用して、D地点まで平均時速30キロメートルで走行する。
〇 D地点に15時40分に到着し、1時間の休憩をとる。
〇 帰庫のためD地点から60キロメートル離れたA営業所まで平均時速30キロメートルで走行する。

当日の全運行において、連続運転時間は「 自動車運転者の労働時間等の改善 」に照らし、違反しているか否かについて、正しいものを1つ選びなさい。
問題文の画像
   1 .
違反している
   2 .
違反していない
( 平成29年度 第1回 運行管理者試験(貨物) 実務上の知識及び能力 問48 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は1の「違反している」です。

実際の運行計画を考慮した設問です。

連続運転時間(1回が連続10分以上で、
かつ合計30分以上の運転の中断をすることなく、
連続して運転する時間)は、
4時間を超えてはいけません。

これに照らして運行を見てみます。

6時00分、
A営業所を出発した運転者は1時間運転し、
B地点に到着します。
(30kmの距離を平均時速30km/hの速度で進むため)
B地点では運転を20分中断して荷積みを行いました。
そしてB地点を出発した運転者は4時間運転し、
C地点に到着します。
(160kmの距離を平均時速40km/hの速度で進むため)
ここまでで合計5時間運転しており、
なおかつ合計20分の運転の中断しかしていません。

よってこの運行で、
連続運転時間は改善基準に違反していることになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この運行管理者(貨物) 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。