過去問.com

第26回 管理栄養士国家試験 栄養教育論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

栄養カウンセリングにおけるクライアントとの接し方に関する記述である。誤っているのはどれか。1つ選べ。

 1 . 
「間食は、毎日召し上がりますか」といった閉じた質問も、状況に応じて使い分ける。
 2 . 
クライアントの考えや気持ちを聞く前に、食事記録を見て「野菜が少ないですね」といった評価をする。
 3 . 
クライアントの発言内容だけでなく、視線や声のトーンなど、非言語的表現にも注目する。
 4 . 
クライアントの話を聴きながら、「そうですよね」とうなずき、共感的理解を示す。
 5 . 
「糖尿病が心配で、相談に来られたのですよね」と、栄養カウンセリングの目的を確認する。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は 2 です。

栄養教育論/栄養教育のための理論的基礎からの出題です。

栄養カウンセリングでは、クライアントとの接し方について、「観察・傾聴・確認・共感」という基本姿勢があります。
選択肢1、3、4、5ではいずれもこれができていますが、選択肢2 については記録を見て一方的な評価を行っており、正しい接し方とはいえません。

2016/10/01 13:03
ID : oovsedpp
0

正解は 2 です。

カウンセリングの基本は、観察、傾聴、確認、共感です。

食事記録を見て「野菜が少ない」と読み取れた場合、クライアントの考えや気持ちを聞き、クライアント自ら問題点に気づき改善しようと思うカウンセリングを行います。

2015/09/07 14:41
ID : qbdskssuxd
0

2.食事記録を見て評価するのではなく、クライアントの気持ちを受容します。

2015/07/09 15:50
ID : eeckczncj
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。