過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学    管理栄養士 過去問 | 無料の過去問題

問題

胃瘻に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a PEG(percutaneous endoscopic gastrostomy)は、内視鏡的に胃瘻を造設する手術である。
  b 胃瘻からの経腸栄養剤には、天然濃厚流動食は使用できない。
  c 胃瘻造設により経口摂取が不可能となる。
  d 在宅での胃瘻からの経腸栄養剤投与は、可能である。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
aとd
 4 . 
cとd
 5 . 
bとc
この管理栄養士 過去問の解説(3件)
2

a.PEGとは、口から十分に栄養が取れない患者さんに対して、内視鏡を使って おなかの壁と胃の壁を通して小さな穴を造り、その穴にチューブを入れる手術です。
よって、正しい答えです。

b.胃瘻からの経腸栄養剤には、天然濃厚流動食も使用できます。

c.胃瘻を造設しても経口摂取は可能です。

d.在宅であっても胃瘻からの経腸栄養剤投与は可能です。正しい答えです。

上記より、正しい選択肢の組合せはaとdで3番です。

2016/06/30 18:10
ID : hvhomzxu
付箋メモを残すことが出来ます。
1

A 正解です。胃瘻の増設で代表的なものです。

B 胃瘻からの経腸栄養剤に天然濃厚流動食は使用できます。水分が少なく、高カロリーなため長期的な利用が効果的です。

C 胃瘻を増設しても、経口摂取は可能です。

D正解です。在宅でも胃瘻からの経腸栄養剤投与は可能です。

2015/08/24 23:31
ID : oanwvaozo
0

a. PEGとは、経皮内視鏡的胃瘻造設術という胃瘻を増設する手術のことであり正となります。

b.天然濃厚流動食はエネルギー密度が高いので使用頻度が増加しており、胃瘻でも使用可能です。よって誤となります。また、人工濃厚流動食に比べて味がよくて経口投与でも有利ですが、粘度が高いため、経管栄養では詰まりやすく太いカテーテルが必要となります。

c. 胃瘻を増設しても経口摂取を行うことはできるので誤となります。

d. 在宅での胃瘻からの経腸栄養剤投与は可能であるので正となります。トラブルや合併症を招く場合があるので、使用には医師の指示に従い、医療機関と連携して行います。

よって正解は、3.aとd となります。

2016/12/25 16:38
ID : ftvfcgqaq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 管理栄養士国家試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この管理栄養士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。