過去問.com

第25回 管理栄養士国家試験 臨床栄養学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

胃瘻に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。

  a PEG(percutaneous endoscopic gastrostomy)は、内視鏡的に胃瘻を造設する手術である。
  b 胃瘻からの経腸栄養剤には、天然濃厚流動食は使用できない。
  c 胃瘻造設により経口摂取が不可能となる。
  d 在宅での胃瘻からの経腸栄養剤投与は、可能である。

 1 . 
aとb
 2 . 
aとc
 3 . 
aとd
 4 . 
cとd
 5 . 
bとc
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

a.PEGとは、口から十分に栄養が取れない患者さんに対して、内視鏡を使って おなかの壁と胃の壁を通して小さな穴を造り、その穴にチューブを入れる手術です。
よって、正しい答えです。

b.胃瘻からの経腸栄養剤には、天然濃厚流動食も使用できます。

c.胃瘻を造設しても経口摂取は可能です。

d.在宅であっても胃瘻からの経腸栄養剤投与は可能です。正しい答えです。

上記より、正しい選択肢の組合せはaとdで3番です。

2016/06/30 18:10
ID : hvhomzxu
1

A 正解です。胃瘻の増設で代表的なものです。

B 胃瘻からの経腸栄養剤に天然濃厚流動食は使用できます。水分が少なく、高カロリーなため長期的な利用が効果的です。

C 胃瘻を増設しても、経口摂取は可能です。

D正解です。在宅でも胃瘻からの経腸栄養剤投与は可能です。

2015/08/24 23:31
ID : oanwvaozo
border line
管理栄養士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。