過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

疫学研究について

管理栄養士になれば、学会発表や学術雑誌や論文を読む機会が必ずありますし、増えてきます。研究方法によって、その研究の信頼性の高さ、簡便さなどが違います。論文には「これは横断研究です。」などと書かれていないので、論文を読んで研究の手法が何であるか判断しなければならないため、それぞれの研究がどういう研究であるか理解しておく必要があります。

横断研究

横断研究とは、一時点での病気の有無とその要因を調べて関連を明らかにする方法です。

メリット


デメリット

例:ある年、ある地域の肥満者と運動習慣の関係を調査し、「 肥満者に運動習慣がある 」となりました。
もしかしたら、地域の運動施設が最近出来たばかりの可能性もあるので、時間的に肥満の解消までの運動が出来ていないとも考えられます。
肥満者にその時の運動習慣の有無を尋ねる調査で簡便ですが、因果関係を断定するのは難しい調査となります。

症例対照研究

病気の原因を、過去にさかのぼって探す研究のことです。

メリット


デメリット

例:ある原因が判らない病気について、ある感染症にかかったことが原因の1つではないかと仮定します。
感染症にかかって原因不明の病気になった群、感染症にかかったが病気にならなかった群、感染症にかからず病気になった群、感染症にかからず病気にもならなかった群の4群に分け、比較検討を行います。

p555100814927797621327.jpg

コホート研究

調査時点で、病気の原因と思われる要因を持つ群と持たない群に分けて追跡して調査する方法です。

メリット


デメリット

例:喫煙と肺がんについて、喫煙者と非喫煙者を追跡して肺ガンに罹患する割合を調査します。

介入研究

研究対象を2つの群に分け、1つには介入しもう1つには介入しないで追跡調査します。

メリット


デメリット

例:糖尿病患者を対象に、栄養指導を行う群と行わない群に分け、糖尿病が改善したかどうか評価し糖尿病におこえる栄養指導の効果を調査します。

栄養指導の効果を検証する研究は、介入研究であることが多いです。

生態学的研究

人を一人一人見る研究ではなく、地域と地域、国と国などを比較検討する研究をいいます。

例:アメリカと日本の肥満者の割合と、砂糖の摂取量調査します。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。