管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

世界保健機構(WHO)の概要

WHOは「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」と目的に1948年に設立され、日本は1951年から加盟しています。

WHOの概要

加盟国は194カ国、組織本部はスイスのジュネーブにあります。

6つの地域事務局(アフリカ、米州、欧州、南東アジア、東地中海、西太平洋地域)があり、各国は、そのうちのどれかに属しています。

健康の定義である

身体的・精神的および社会的に健康な状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない

という文言は有名です。

日本は「 西太平洋地域 」に属し( 30加盟国 )、事務局は、マニラにあります。

p189510521494421574134.jpg

WHOの主な活動

ICD( 疾病及び関連保健問題の国際統計 )は、死因や疾病の国際的な統計基準として使われる分類です。

死因や疾病の国際的な比較や診療記録の管理などに使われており、日本も採用しています。

感染症が発生すると、1国では感染拡大が治まらないことが多々あります。

多国間で協力しなければ収束できない場合は、感染の拡大防止のための予防接種・ワクチンの開発協力などを行います。

WHOの活動によって、「 痘瘡( 天然痘 )」が根絶しています。

災害時は、都市機能が麻痺してライフラインが途絶える時間が長くなります。
そのため衛生環境が悪化し、さまざまな健康被害が増加します。

WHOは、それらの健康被害を「 最小限 」にするために動きます。

p127105214944215741124.jpg
管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。