管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

人口の自然増減と社会増減

人口の規模や構成は人口静態統計によって把握されています。人口構成が問題となっている今、増減の要因について理解しておく必要があります。

人口増減数とは

人口増減の要因には

があり、

自然増減数と社会増減数を足した数が、人口増減数となります。

人口の自然増減とは

人口の自然増減数は

出生数から死亡数を引いて求めます。

となります。

人口の社会増減とは

人口の社会増減数は

転入から転出を差し引いた数です。

日本の現状

日本では5年に一度の国勢調査で人口の状況を把握しています。

現在のところ自然増減数はマイナス傾向にあり、2014年の調査結果ではマイナス27万人となっています。

日本は人口が横ばいか微減傾向にあり、またその内訳として

世界に類を見ないスピードで高齢化が進んでいます。

生産年齢人口( 15~64歳 )で支えなくてはいけない従属人口( 0~14歳の年少人口と65歳以上の老年人口の計 )が増えてきている点が問題視されています。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。