過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

細胞や組織の異常

細胞は、さまざまな要因(中毒、感染、物理的障害、欠乏障害)で障害を起こします。正常細胞に障害を起こす要因が加わると、委縮、肥大、変性、壊死、アポトーシスなどが起こります。

適応しようとする( 委縮・肥大 )

細胞は、要因に対して

をして、生き延びようとします。

思春期以降に胸腺が委縮することや、老化で起こる委縮などが含まれます。

p149511981497179450427.jpg

適応できなくてダメージを受ける( 変性 )

変性とは、細胞内に正常ではみられない物質が蓄積したり、過剰に蓄積したりして、細胞が正常ではない変化をしてしまうことです。

変性にはいくつかの種類があり、代表的な変性を覚えておきましょう。

アミロイド変性は、「 アミロイド 」というタンパク質が蓄積して起こる組織の病気の事です。

特に、神経組織に蓄積し障害を起こすので「アルツハイマー型認知症」「パーキンソン病」などはアミロイドの蓄積が原因で発症すると言われています。


細胞のミトコンドリアや小胞体が膨らんで起こる変性です。

中毒や感染症で起こります。

印環という空砲の環が見られます。

細胞に大小さまざまな脂質の塊ができた状態です。

心筋などの臓器で見られ、慢性貧血や、うっ血、中毒などで起こります。

フィブリンを含んだ血漿成分が膠原繊維( コラーゲン )に沈着して起こり、膠原病などで見られます。

細胞が死ぬ( 壊死・アポトーシス )

心筋梗塞で見られる「 凝固壊死 」、脳梗塞で見られる「 融解壊死 」。

結核で見られる「 乾酪壊死 」、クロストリジウム感染で起こる「 壊疽 」などがあります。

細胞には正常シグナルとアポトーシスシグナルが天秤のように存在し、正常シグナルが多い場合には細胞が存在していますが、アポトーシスシグナルが多くなると、細胞は自らを壊して死亡します。

なので、アポトーシスは「 プログラムされた細胞の死 」といいます。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。