管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

消化管ホルモンとその働きについて

私たちは食べ物を食べ、消化・吸収して初めて利用することができます。口から始まり長く続く消化器官において、消化管ホルモンの働きは非常に重要です。

消化管ホルモンの種類

消化の過程においては、消化液の分泌と消化器の運動が欠かせません。

これらは、自律神経系と消化管ホルモンによってコントロールされています。

消化管ホルモンには

といった種類があります。

ガストリン

ガストリンは

胃幽門部 G細胞

から分泌されるホルモンで、

といったことを行います。

胃に食塊が入ると、ガストリンが分泌されて、胃液の分泌が促されます。

これを

胃相

と言います。

コレシストキニン( CCK )

コレシストキニン( CCK )は

十二指腸 I細胞

から分泌されるホルモンで、

といったことに作用します。

十二指腸に胃内容物が入ると分泌され、胃酸やガストリンの分泌を抑制します。


また、胃内容物が過度に十二指腸へ送られないように、胃の運動を抑制します。

これを

腸相

と言います。

セクレチン

セクレチンは

十二指腸 S細胞

から分泌されるホルモンで、

に作用します。

十二指腸に胃内容物が入ると分泌され、膵液や胆汁の分泌を促します。


また、セクレチンは

ネガティブフィードバック作用

を持っています。

これは細胞内の濃度を保つために、生成を抑制するように調節する作用のことで、これにより胃酸やガストリンの分泌が抑制されます。

p39121614965732771569.jpg
管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。