管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

血液の成分と働きについて

血液検査をすれば、体内の多くの状態を知ることができます。それらを理解する以前に、成分と働きについて、知っておきましょう。

赤血球

赤血球は無核の、中央部がくぼんだ形をしている細胞です。

骨髄系幹細胞から分化した赤芽球から作られます。

赤血球は120日程度で老化し、脾臓で破壊されます。

大部分を占めているヘモグロビンが、酸素を運搬しています。

ヘモグロビンは鉄とたんぱく質が結合した組織です。

p1154130314989039651699.jpg

白血球

白血球は無色で有核の細胞です。

があります。

好中球

好中球は顆粒球の大半を占めており、細菌などの異物や組織破壊産物を取り込みます。

それらは好中球の貪食作用によって消化されます。


好酸球

好酸球は、アレルギー反応を抑制しています。


好塩基球

好塩基球は顆粒球中の1%程度ですが、ヒスタミンに対して抗凝固作用を持っています。


リンパ球

リンパ球は、白血球中の30%程度を占めています。

があり、免疫を担当する細胞です。


単球

血管外の組織に定着してマクロファージとなり、貪食作用を発揮します。

貪食した抗原情報をリンパ球に伝え、免疫を担います。

血漿

90%程度は水分で、その他たんぱく質・グルコース・脂質・無機塩類を含みます。

血漿たんぱく質には

があります。

アルブミンは膠質浸透圧の維持と物質輸送、グロブリンは物質輸送や免疫機構に働きます。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。