管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

出血性疾患の種類と原因

通常私たちは出血をしても自力で止血する機構が備わっていますが、これらが何らかの原因によってうまく働かない疾患が、出血性疾患です。止血の機構とともに、原因を整理します。

出血性疾患の種類

出血性疾患には

があります。

止血と出血性疾患の原因

出血とは、血管に損傷が起こり、血液が血管の外に出ていくことです。

このとき、

血小板が集まって血栓を作り止血することを、一次止血と言います。

つまり、一次止血に関わる異常とは、

血小板の減少や機能異常によって止血ができないことを指します。

一次止血が正常に行われると、血液凝固因子が働いて二次血栓を作ります。

これが二次止血です。


つまり、二次止血に関わる異常とは

凝固因子の不足や機能異常、血管の異常によって止血ができないことを指します。

二次止血が正常に行われると、

血管が修復され、たんぱく質分解酵素 プラスミンによって血栓が溶解されます。

これを線溶と言います。

止血の異常で起こる疾患

血液凝固因子にはⅠ~Ⅻがあります。

このうち、

を生じます。

特有の出血傾向を示す疾患の原因は、血液凝固因子の異常で説明ができます。

また、

といった凝固因子が肝臓で生成されるので、肝疾患では出血傾向となります。

ビタミンKは血液凝固作用があるため、ビタミンKの吸収阻害が起こると凝固機能が低下します。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。