膠原病について | 管理栄養士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

膠原病について

膠原病の病態はさまざまあるので、病名を聞いたことがあっても病状について説明するのは難しいという側面があります。疾患ごとにまとめてみます。

膠原病とは

膠原病とは、全身の血管・皮膚・筋肉・関節などに炎症を生じる自己免疫疾患の総称です。

  • 結合組織疾患
  • リウマチ性疾患
  • 自己免疫疾患

の側面を持っています。


膠原病と分類される疾患には

  • 全身性エリテマトーデス
  • 全身性硬化症( 強皮症 )
  • 関節リウマチ
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎
  • 結節性多発動脈炎
  • リウマチ熱

があります。


このほかに膠原病と類するような疾患として

  • シェーグレン症候群
  • 混合結合組織病

が挙げられます。

主な疾患と症状

全身性エリテマトーデス

遺伝的素因があるとは言われていますが、原因不明で発症します。

20~40歳代の女性に多く見られます。

  • 蝶形紅斑
  • 発熱
  • 関節炎
  • ループス腎炎
  • 日光過敏症
  • 口内炎
  • 脱毛

などの症状があります。


全身性硬化症( 強皮症 )

皮膚が硬化して全身の臓器が侵される疾患です。

20~50歳代の女性に多く見られます。

  • 寒冷刺激による手指の蒼白( レイノー現象 )
  • 皮膚効果
  • 肺線維症
  • 食道蠕動の低下によって逆流性食道炎
  • 食道蠕動の低下によって嚥下障害

といった症状をきたします。


関節リウマチ

膠原病のなかで最も患者数が多く、20~50歳代の女性に多く見られます。

自己免疫反応によって炎症を起こした関節滑膜細胞が増殖して軟骨・骨・関節を破壊します。

  • 指関節のこわばり
  • 関節の疼痛
  • 関節の変形や拘縮
  • 皮下結節
  • 疲労感・脱力感
  • 体重減少
  • 食欲低下
  • 全身の血管炎

が起こります。


シェーグレン症候群

唾液腺や涙腺に起こる自己免疫疾患で、

  • 涙腺分泌物低下によって結膜炎
  • 唾液腺分泌物低下によって口内炎・舌炎

が起こりやすくなります。

この授業に関連した授業
管理栄養士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。