管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

栄養ケア・マネジメントについて

栄養ケア・マネジメントの考え方は、一般的な仕事・業務全般に共通するところの多い、非常にわかりやすい考え方です。

栄養ケア・マネジメントとは

栄養ケア・マネジメントとは

のために行われる、一連のプロセスのことを言います。

最終目標は、QOLの向上です。

プロセスは、

①栄養スクリーニング
②栄養アセスメント
③栄養ケア計画の作成・栄養ケアの実施
④モニタリング・評価

となります。

評価を行ったら、

出てきた問題点をフィードバックして、プログラムを改善していきます。

栄養ケア・マネジメントのプロセス① 栄養スクリーニング

スクリーニングとは、ある基準を用いて疾病の可能性があるかどうかを選別する過程のことです。

栄養スクリーニングでは簡便な評価項目を用い、

栄養障害の有無を診断します。

栄養ケア・マネジメントのプロセス② 栄養アセスメント

栄養アセスメントでは、対象者の栄養状態をさまざまな指標を用いて、客観的に把握していきます。

ここから身体状況や栄養状態を判定し、問題点を抽出します。

栄養アセスメントの種類には、

があります。

また、栄養状態を調べる主な方法には、

があり、総合的に評価します。

栄養ケア・マネジメントのプロセス③ 栄養ケア計画・栄養ケア実施

栄養アセスメントによって抽出された課題の中で、優先順位を考えて実施可能な方法を検討します。

目標は、

の3段階に分けて設定します。

目標が設定できたら栄養管理計画を作成し、実施に移ります。

を行っていきます。

栄養ケア・マネジメントのプロセス④ モニタリング・評価

栄養ケアの実施状況の確認と、栄養状態の再評価を行って、栄養ケアの方法を再検討します。

評価はプログラムを計画している段階、実施途中、終了後の変化と随時行い、フィードバックして修正・改善をしていくことが必要です。

典型的なマネジメントサイクルであるPDCAサイクルを実施します。

この繰り返しによって栄養ケア・マネジメントの品質が維持され、向上していき、継続的な実施につながります。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。