管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

人の体とカルシウム

カルシウムは生体内に最も多く存在する無機質であり、その濃度は一定に保たれるように調節されています。

人体内のカルシウム分布

カルシウムは生体内のうち約1kg を占めていると言われている、最も多く存在する無機質です。

そのうち

に分布しています。


体内では、

などに関与しています。

カルシウムの代謝

吸収されたカルシウムは、小腸から吸収されます。

その際、

活性型ビタミンDにより吸収が促進されます。


体内では、血中カルシウム濃度が一定に保たれています。

腎臓:カルシウムの再吸収を促進

骨:骨吸収を促進

することで、濃度を上昇させます。


骨:骨形成を促進

することで、濃度を低下させます。

カルシウム調節とホルモン

PHT( 副甲状腺ホルモン )

血中カルシウム濃度が低下すると分泌が亢進し、腎臓と骨に作用します。

活性型ビタミンDの合成を促進します。

腸管からのカルシウム吸収が促進され、腎臓ではカルシウムの再吸収が促進されます。

破骨細胞を活性化して、骨吸収を促進します。


カルシトニン( 甲状腺ホルモンの一つ )

血中カルシウム濃度が上昇すると分泌が促進し、PHTの逆の働きをします。

破骨細胞の活性化を抑制し、骨吸収が抑制されます。

カルシトニンや活性化ビタミンDは骨を丈夫にするため、骨粗鬆症の治療にも使われます。

欠乏と過剰

欠乏症

低カルシウム血症では、筋肉の異常な収縮によりしびれや知覚障害などを生じるテタニー発作が起こることもあります。

過剰摂取

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。