管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

成人期以降の加齢に伴う身体的変化について

加齢は誰にでも平等に起こりうることですが、加齢に伴う身体的変化のスピードは一様ではありません。ライフスタイルの積み重ねによって、早まることも遅らせることもできるものです。

加齢とは、老化とは

加齢とは、

「物理的時間の経過」のことです。

人は皆、誕生日が来れば1つずつ歳を重ねますので、全員に平等にやってくるものです。

しかし、

「成人期以降の加齢に伴う機能低下である老化」は、不可逆的ではありますが、進行スピードは人それぞれです。

老化には、活性酸素が関係しています。

活性酸素は加齢に伴って量が増加し、核酸・たんぱく質・糖質・脂質などを酸化し、傷つけます。

そのため、細胞老化は促進します。

私たちの細胞は分裂のたびにテロメアが短縮します。

テロメアとは、染色体の末端にある、特殊な繰り返し配列を持つDNA領域のことです。

やがてテロメアの短縮が限界に達すると、これ以上の細胞分裂ができなくなります。

つまり、細胞の寿命が来たということになります。

テロメアの短縮も、老化の一つであると言えるでしょう。

臓器での老化


循環器


呼吸器


消化器


腎・泌尿器


血液・造血器


内分泌

増加するホルモン

減少するホルモン

その他の変化

フレイルティとは

老化によって種々の機能が低下していきます。

すると様々な健康障害に対し脆弱性が増加する「フレイルティ(虚弱)」という状態になります。

のうち、3項目以上該当すると、フレイルティとなります。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。