管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

離乳の進め方について

成長スピードが速い乳児期には、適切なタイミングで適切な栄養が摂取できる環境が必要です。個人差が大きく難しくはありますが、離乳を順当に進めることは、この時期のお子さんに適切な栄養補給を行う上で、とても大切なことになります。

離乳の開始

離乳とは、

母乳や育児用ミルクなどの乳汁栄養から幼児食に移動する過程

のことを言います。

乳児は歯などの口腔器官や消化機能が未発達であるため、個々にあわせて進めていくことが求められます。

また、この時期に健康的な食習慣が根付くことは、将来の生活習慣病予防の観点からも非常に望ましいことです。

離乳の開始は、なめらかにすりつぶした状態の食物を与えることから始まります。

時期の目安は「生後5~6カ月頃」です。

この時期になると、首もしっかりすわってきて、支えられながら座ることができます。

食物に興味を示し、哺乳反射の減弱も見られます。


なお、1歳未満の乳児には、はちみつを与えないことにも注意が必要です。

これは乳児ボツリヌス症予防のためです。

生後5、6カ月頃の離乳食

この時期の離乳食は1日1回で、母乳や育児用ミルクを欲しがるようであれば与えます。

調理形態は、なめらかにすりつぶした状態で、飲み込むことや舌ざわり・味に慣れるようにしましょう。

最初はアレルギーの心配が少ないおかゆ(米)から始めます。

そのほか

などのでんぷん質性食品を主として、慣れてきたら

などで種類を増やしていきます。

生後7、8カ月頃の離乳食

この時期は離乳食を1日2回にしていき、食事のリズムをつけていきます。

それとは別に、母乳であれば子どもが欲しがるままに、育児用ミルクは1日3回程度与えます。

調理形態は舌でつぶせる固さとし、お米は全がゆにします。

いろいろな味や舌ざわりを楽しめるように、食品の種類を増やしていきましょう。

を組み合わせていきます。

たんぱく質性食品は

と進めていきます。

薄味で調理します。油脂類の使用は控えめにしておきましょう。

生後9~11カ月頃の離乳食

この時期は離乳食を1日3回に増やしていき、食事のリズムを大切にします。

このほかに母乳は子どもが欲するままに、育児用ミルクは1日2回程度与えます。

調理形態は歯茎でつぶせる固さとし、お米は全がゆ~軟飯にします。

この時期に注意をしたいのが鉄不足です。

を取り入れていきます。

調理用に牛乳・乳製品を使用するところを育児用ミルクに代えてみるなどの工夫をしましょう。


離乳食が順調に進まない場合には、フォローアップミルクを使用します。

フォローアップミルクとは、栄養を強化して調整されている粉乳で、母乳や育児用ミルクと比較してたんぱく質を多く含みます。

離乳食の不足を補う目的ですので、母乳や育児用ミルクの代替品ではない点に注意しましょう。

生後12~18カ月頃の離乳食

離乳の完了を目指す時期です。

食事のリズム、生活のリズムを整えていきましょう。

自分で食べる楽しみを感じることができるように、手づかみ食べを始めてみます。

食事は1日3回、そのほかに1日1~2回を目安に間食を与えます。

調理形態は歯茎で噛める固さで、お米も軟飯~ご飯にしていきます。


咀嚼機能は3歳くらいにならないと完了しません。

食品の種類や調理法を多様にし、薄味で離乳食を作っていきましょう。

と、離乳が完了したということになります。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。