管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

乳幼児期の生理的特徴について

成長著しい時期である乳幼児期には、私たち成人とは違った特徴があります。

乳児期の生理的特徴

生後1歳未満を「乳児期」と言います。


体重

になります。


身長

になります。


頭囲と胸囲

という特徴を持ちます。


という特徴があります。
出生直後は頭蓋骨の縫合が不完全で泉門という隙間が空いています。
小泉門(後部)は生後間もなく閉鎖しますが、大泉門(前部)は時間がかかります。


口腔


幼児期の生理的特徴

満1歳から5歳くらいまでの期間を「幼児期」と言います。


成長速度


運動機能


精神機能


言語


社会性

乳幼児期の栄養状態の評価・判定


身体発育の評価

カウプ指数は乳幼児に主に使われる市場で、
体重(g)/身長(cm)×身長(cm)×10
で求められます。
判断基準は年齢によって異なります。


幼児の貧血判定

6カ月~5歳では11g/1dl以下としています。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。