管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

栄養食事指導料について

栄養食事指導料の算定条件については、対象患者によって変わります。平成28年度の診療報酬改定により、大幅に変更された部分もあるので、注意が必要です。

栄養食事指導料の対象者と算定要件について

<対象者>

平成28年度の診療報酬改定前は、

「厚生労働大臣が定める特別食を必要とする患者」に対してのみでしたが、

平成28年度の診療報酬改定後は、

・がん患者

・摂食機能または嚥下機能が低下した患者(医師が、硬さや付着性、凝集性などに配慮した嚥下調整食に相当する食事が必要だと判断した患者)

・低栄養状態にある患者(血中アルブミンが3.0g/dl以下の患者、または医師が栄養管理により低栄養状態の改善が必要だと判断した患者)

が、新たに追加されました。


<算定要件>

医師から、熱量やその構成、たんぱく質、脂質、その他の栄養素の量、病態に応じた食事の形態等にかかわる情報のうち、患者に対して必要なものが管理栄養士に指示されます。

その指示に基づき、管理栄養士が具体的な献立によって、栄養指導を行った場合に算定できます。

p659158715108324881350.jpg

栄養食事指導料の種類はこの4つ!

<算定点数>

診療報酬改定前:130点

診療報酬改定後は、

初回:260点
2回目以降:200点

に変更されました。


<算定条件>

診療報酬改定前:おおむね15分以上の指導時間

診療報酬改定後は、

初回:おおむね30分以上の指導時間
2回目以降:おおむね20分以上の指導時間

に変更されました。


<算定限度>

診療報酬改定前後で変更なく、

初回の指導を行った月は2回、それ以降の月は1回が限度です。

<算定点数>

診療報酬改定前は、

初回:130点
2回目以降:125点

診療報酬改定後は、

初回:260点
2回目以降:200点

に変更されました。


<算定条件>

診療報酬改定前:おおむね15分以上の指導時間

診療報酬改定後は、

初回:おおむね30分以上の指導時間
2回目以降:おおむね20分以上の指導時間

に変更されました。


<算定限度>

診療報酬改定前後で変更なく、

入院中2回まで、週1回が限度です。

<算定点数>

診療報酬改定前後で変更なく、

80点です。


<算定条件>

診療報酬改定前後で変更なく、

1回の栄養指導で行う患者の数:15人以下
1回の栄養指導時間:40分以上

です。


<算定限度>

診療報酬改定前後で変更なく、

月1回です。

ただし、入院患者の場合は、入院期間中2回が限度です。

<算定点数>

診療報酬改定前後で変更なく、

初回:530点
2回目以降:450点

です。


<算定条件>

診療報酬改定前後で変更なく、

1回の栄養指導時間は、30分以上です。


<算定限度>

診療報酬改定前後で変更なく、

月2回です。

特別食にも変更点あり!

別途、厚生労働大臣が定める特別食を医師が必要と認めた患者に対して指導した場合に、算定されます。

腎臓病食・肝臓病食・糖尿病食・潰瘍食・貧血食・脂質異常症食・痛風食・フェニルケトン尿症食・メープルシロップ尿症食・ホモシスチン尿症食・ガラクトース血症食・治療乳・無菌食・小児食物アレルギー食(外来栄養食事指導料および入院栄養食事指導料のみ)・特別な場合の検査食

に加え、

てんかん食が追加されました。


<てんかん食とは?>

対象:グルコーストランスポーター1欠損症、ミトコンドリア脳筋症の患者

特徴:グルコースの代わりに、ケトン体を熱量源として供給することを目的に、炭水化物の量を減らし、脂質の量を増やしたもの

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。