過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

アシドーシスとアルカローシス

私たちの身体は恒常性が保たれています。細胞外液のpHについても同様で、これを酸塩基平衡と言います。この異常について、見ていきたいと思います。

アシドーシスとは

アシドーシスとは、血中pHを下げる病態のことです。

私たちの血中pHは正常であればpH7.35~7.45ですが、これが7.35以下の酸性側に傾いた場合をアシドーシスと言います。

アシドーシスが進むと、シナプスの伝達が抑制されて、中枢神経の活動が低下して、昏睡を招き、死の危険性も高まります。

アルカローシスとは

アルカローシスとは、血中pHを上げる病態のことです。

私たちの血中pHは正常であればpH7.35~7.45ですが、これが7.45以上のアルカリ側に傾いた場合をアシドーシスと言います。

アルカローシスが進むと、中枢・末梢神経が興奮しやすくなり、神経過敏からけいれんを起こし、死の危険性が高まります。

アシドーシス・アルカローシスが起こる主な原因

原因には、

・主に代謝による代謝性

・肺からの二酸化炭素の呼吸異常による呼吸性

が挙げられます。

代謝性アシドーシスの要因

呼吸性アシドーシスの要因

代謝性アルカローシスの要因

呼吸性アルカローシスの要因

p49116321511245141489.jpg

アシドーシス・アルカローシスの起こりやすさ

代謝では大量の酸ができるため、アシドーシスの方がアルカローシスよりも、起こりやすいという特徴があります。

過剰な酸については、炭酸は二酸化炭素となり呼吸で排出されます。

その他の酸は、腎臓が尿に排泄します。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。