現物給付とは | 管理栄養士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

現物給付とは

日本の医療保険では、「現物給付」が行われています。薬などの物から、医療処置、診断、検査なども「現物」と表現します。

現物給付ってどういうこと?

多くの人は、健康保険料として保険者(国民健康保険や協会けんぽや企業保険など)定期的に「お金」をおさめて保険をかけています。払った覚えがない人も、給料から引かれています。

いざ病気や怪我をして、医療機関にかかった時に、

治療や診断と言う「現物」で給付されます。

医療機関が、保険者にお金を請求しているのです。

なぜ現物給付なの?

  • 手続きが簡単になる
  • お金の支払いが少なくて済む

現物給付では、このようなメリットがあります。

現物給付ではない医療の代表は、「出産育児一時金」です。貰える金額は判っていますが、医療機関等へ一時的に支払いをしてから、被保険者へ請求します。(医療機関が代わりに請求してくれる仕組みもあります)

この授業に関連した授業
管理栄養士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。