管理栄養士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

黄疸の原因

黄疸は、赤血球が壊れて分解されるときに出る「ビリルビン」によっておこります。名前の通り黄色い色素で、皮膚や白目に沈着することを黄疸といいます。

ビリルビンは2種類に分ける

ビリルビンは、肝臓で無毒化されて水に溶けやすくなります。

その肝臓での処理を境に、

この2つに大別されます。

p7237161487773892650.jpg

溶血性黄疸(肝前性黄疸)

赤血球が何らかの理由で多く壊れると、黄疸が出ます。

この場合、肝臓が正常なので、

間接ビリルビン

が増加します。

肝細胞性黄疸(肝実質性黄疸)

肝臓が弱って、ビリルビンが処理できない時に起きる黄疸です。

この場合は、肝臓で処理されずにだぶつくので、

間接ビリルビン

が増加します。

閉塞性黄疸(肝後性黄疸)

肝臓でビリルビンを処理した後のビリルビンは、胆管を通って腸に排出されるのですが、その胆管に異常が起きて、ビリルビンが溜まって現れる黄疸です。

この場合、肝臓が正常に動いているので、

直接ビリルビン

が増加します。

その他の黄疸

体質的にビリルビンを処理する能力が弱い人に起こる黄疸や、新生児に起こる黄疸などがあります。

管理栄養士 過去問

訂正依頼・報告はこちら

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。