CT検査の特徴 | 管理栄養士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

CT検査の特徴

CT検査とは「コンピュータ断層診断」のことです。X線で体の断面を撮影します。広範囲に3次元で撮影できるので、病気も見つけやすく、現代では頻繁に使われている検査です。

2つのCT検査

  • 単純CT(造影剤を使用しない)
  • 造影CT(造影剤を静脈注射しておこなう)

「単純CT」の方が体への負担がかかりません。
「造影CT」は、ヨードアレルギーの患者や、重い甲状腺疾患がある場合などは検査ができません。しかし、造影CTでは単純CTでは判らない詳しい病変を見つけることができます。

CT検査の特徴

CT検査は、全身を検査できるので発見できる病気が多いです。
そして、検査時間が短いです。(10~15分)

CT検査は、骨の病変(骨折や頭部外傷など)に威力を発揮する

という特徴があります。


CT検査と比較されやすいMRI検査は、水分の多い臓器で威力を発揮し、細かいところまで鮮明に映せます。しかし、検査時間が長く、狭い範囲しか調べられないというデメリットがあり、医師は使い分けています。

この授業に関連した授業
管理栄養士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。