公衆衛生学的な分類における感染症とは | 管理栄養士の解説つき無料問題集 - 過去問.com

過去問.com

公衆衛生学的な分類における感染症とは

感染症は「感染源」「感染経路」「感受性」の3つが揃うと発症します。感染力や罹患した場合の重篤性によって、感染症は1類から5類に分類され、それに応じた措置が取られています。どのような分類になっているか、整理しておきましょう。

感染症とは

感染症とは

病原体となる微生物などの「 感染源 」が宿主である私たちに侵入して、定着したり増殖したりして感染することで何らかの症状を呈すること

をいいます。

流行や地域差などがありますので、「 感染症法 」によって予防と流行がおこった場合の措置が取られています。

1類~5類感染症

1 類感染症

感染力や罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみた危険性が極めて高い感染症.。
現在 7 疾患あります。

  • エボラ出血熱
  • クリミア・コンゴ出血熱
  • 痘そう( 天然痘 )
  • 南米出血熱
  • ペスト
  • マールブルグ病
  • ラッサ熱

2 類感染症

感染力、罹患した場合の重篤性などに基づく総合的な観点からみた危険性が高い感染症。
現在、次の 7 疾患があります。

  • 急性灰白髄炎( ポリオ )
  • 結核
  • ジフテリア
  • 重症急性呼吸器症候群( SARS )
  • 鳥インフルエンザ( H5N1 )
  • 鳥インフルエンザ( H7N9 )
  • 中東呼吸器症候群( MERS )

3 類感染症

特定の職業への就業によって集団発生を起こしうる感染症を分類したもの。
現在のところ、5 疾患あります。

  • コレラ
  • 細菌性赤痢
  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 腸チフス
  • パラチフス

4 類感染症

動物、飲食物などを介して人に感染し、国民の健康に影響を与えるおそれのある感染症。
人から人への伝染はないものが分類されています。
現在44疾患あり、例を挙げると次の通りです。

  • 狂犬病
  • A型肝炎
  • E型肝炎
  • 炭疽
  • 黄熱
  • マラリア

5類感染症

国が感染症発生動向調査を行って必要な情報を提供・公開していくことで、発生や拡大を防止すべきとされる感染症。
全数把握をすべきとされているものが22疾患、定点把握をすべきとされているものが26疾患あります。

全数把握すべき疾患( 例 )

  • クリプトスポリジウム症
  • 後天性免疫不全症候群( AIDS )
  • 梅毒
  • 麻しん

定点把握すべき疾患( 例 )

  • インフルエンザ( 鳥インフルエンザ、新型インフルエンザなどは除く )
  • 性器クラミジア感染症
  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症

その他の感染症

1 類から5 類までの分類以外の感染症が以下の通りです。

  • 新型インフルエンザ等感染症
  • 指定感染症
  • 新感染症

分類上の注意

このような分類は、感染力や罹患した場合の重篤性に基づいて分類されていることに注意しましょう。

たとえば、後天性免疫不全症候群( AIDS )。
罹患した場合に死に至る可能性があるとして多くの人に認識をされている疾患ですが、分類では5類感染症となっています。

AIDSはもちろん怖い感染症ですが、ある程度の予防法が確立されていますから、正しい知識を提供することで蔓延を防ぐことができると考えられているため、5類となるのです。

この授業に関連した授業
管理栄養士試験の過去問へ
人気の授業

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。