過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

管理栄養士「食べ物と健康」の過去問を出題

問題

食料と環境問題に関する記述である。正しいのはどれか。2つ選べ。
   1 .
生物濃縮は、環境よりも高い濃度で生体内に外界の物質を蓄積する現象をいう。
   2 .
フードマイレージは、食料の輸入量を輸送距離で除した値である。
   3 .
地産地消の輸送コストは、輸入の輸送コストに比べて一般的に増大する。
   4 .
食品ロスの増大は、環境に対する負荷を増大させる。
   5 .
食物連鎖における高次消費者の個体数は、一次消費者の個体数に比べて多い。
( 第28回 管理栄養士国家試験 食べ物と健康 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は 1と4 です。

食べ物と健康/人間と食品(食べ物)からの出題です。

1.正しい記載です。食物連鎖によって起こる濃縮のことを説明しています。

2.フードマイレージは食料の輸入量と輸送距離をかけて求めます。

3.地産地消では輸送距離が短くて済むので、輸送コストは減少します。

4.正しい記載です。まだ食べられる状態のものを廃棄してしまうことで食品廃棄物の量を増大させています。

5.食物連鎖では、高次消費者に行くほど個体数が少なくなっていきます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は 1・4 です。

2 フードマイレージは輸入量×輸送距離で示されます。この値が大きいほど環境に対する負荷は大きいと言えます。

3地産地消では輸送コストは減少します。

5 高次消費者の個体数は少なくなります。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は 1と4 です。

2:フードマイレージとは食料総輸送距離ともいい、農産物輸入量×輸送距離で表されます。

3:地産地消とは、地域の産物を地域で消費しようという運動のことなので、輸送コストは、輸入の輸送コストに比べて一般的に減少します。

5:食物連鎖とは、被食者と捕食者の一連の生物のつながりを指します。分解者(微生物など)、生産者(植物)、一次消費者(草食動物・昆虫)、二次消費者(肉食小動物)、三次消費者(肉食動物)、高次消費者(中・大型肉食動物)と連鎖が進むにつれて、個体数は少なくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この管理栄養士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。